【追記あり】お給料スライド貯金の活用例。いろんなスライド貯金あります。

ここでは、お給料スライド貯金の活用方法についてご紹介したいと思います。

お給料スライド貯金って何?という方は下のリンクで紹介しているので、見てみてくださいね。

お給料スライド貯金でHappy生活
世の中には、いろんなちりつも貯金がありますけど、ここでは、お給料スライド貯金という方法を紹介しています。この「お給料スライド貯金」と...
スポンサーリンク

いちごちゃん:派遣OLさんのボーナスとして

わたしにお給料スライド貯金を教えてくれたいちごちゃんは派遣OLさん。

派遣OLさんには、基本的にはボーナスがありません。

じゃあ、自分でボーナスをつくっちゃおう!って思って、お給料スライド貯金をはじめたそうです。

派遣社員と正社員、どちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。

みんな、それはわかっているんだけど、やっぱりお互いをうらやましく思っちゃってるところってあると思うんです。

だけど、いちごちゃんの考え方は、自分で何とかしよ!って前向きで、すっごくいいな♪って思っています。

スライド貯金ってすごいな~。みんなに広めたい♪→あ、ブログ作ろう!で、スライド貯金のブログができました。快諾してくれたいちごちゃんに感謝♡

りんごちゃん:ゲーム感覚で楽しみながら

わたしのブログがきっかけで、一緒にお給料スライド貯金をはじめたりんごちゃん。

りんごちゃんは、お給料スライドの日にちを3日と決めずに、「1ヶ月のお給料であと何日伸ばせるか?」っていう感じでゲーム感覚で楽しんでやっています♪

これはいいですよね~!!!やる気が出る気がします。

実際、とってもやる気が出たみたいで、わたしと同時期にやったのにわたしより早くごほうびをGetしてます。

スライド貯金について書いてあったりんごちゃんのブログがなくなっちゃったので、新しいブログをリンクしてます♪

さくら:ごほうび貯金として

自分へのごほうびとして、毎月、予算として「ごほうび代」でこつこつ貯めるのもいいけど、お給料スライド貯金はごほうび用の貯金にぴったりだなって思っています。

というのも、自分の頑張りに比例して、早く貯まったり、遅く貯まったり。欲しいものがあったら、かなり頑張れそうですよね。

わたし自身、貯金・節約中だとなかなか買えないちょっと高かったものを、スライド貯金のお金で買ったりしてます。

お給料スライド貯金1回目のごほうび
初めてのお給料スライド方式で、108,000円貯まりました!何に使ったかというと…… 銭洗弁天で洗ったお金(10,000円) こういう時...

赤字防止のプチスライド貯金として

スライド貯金は1か月分浮かそうと思うと、(繰り越す日数にもよるけど)大体6か月~1年ぐらいかかります。

やっぱり、ちょっとハードルが高いかなぁ。もっと気軽にできる方法ってないかなぁ……って考えたのが、今回ご紹介する「プチ」スライド貯金です。

なんで、「プチ」かというと出費が多そうな月をサポートしてあげるための方法なので期間が短めだからです。

例えば、12月はどうしても忘年会が多くなって出費が多そう。そう思ったら、プチスライド貯金を前もってしておくといいと思います。

毎月のお給料日は25日、繰り越す日数は5日として例を挙げると……

9月25日にお給料をもらって、10/30まで頑張りました。
次(10/25)のお給料で10/31~12/5まで頑張りました。
11/25のお給料は、12/6から使うことになります。

さて、12月は忘年会がたくさんありました。ピンチ~!

でも、会社から12/25に支給されたお給料をそのまま組み込めば、支出が多くてもサポートしやすくなります。

つまり、「プチスライド貯金」は、支出があまりない月は頑張るかわりに、支出のある月をサポートしてあげる方法なのです。

ごほうびがなくても、短期間でも十分な結果か出るのでやりがいもあるかと思います。

こういう考え方もありなんだ~って思った方は、よかったらやってみてください。

ゆみちんさん:5週間やりくりで食費を節約!【NEW】

ブログランキングに参加するようになって気がついた「5週間やりくり☆自動で貯金」のトラコミュ。

5週間やりくりは、1か月を5週間=35日と考えてスライド貯金していく方法です。つまり、1か月4~5日をスライドさせていく方法です。

1か月は4週とちょっと。だから、いっそのこと5週と考えてスライドさせていく……。

35日だとイメージがしにくくてピンと来ない人もいると思うのですが、5週間と考えると曜日で考えればいいから楽でやりやすそう!って思う方も多いだろうな、と思いました。

「5週間やりくり☆自動で貯金」のトラコミュでは、実際やっている人のレポも見られますよ♪

他にもこんな活用方法もあるよ!っていう方、ぜひご連絡くださいね。ここで紹介させてください♪

スポンサーリンク

シェアする