お財布へそくりで使い過ぎをストップ

わたしのお財布には、おこづかい(雑費)のみが基本的に入っています。

そのため、お給料日近くになると、お財布に「おこづかい」がほとんどないということも。でも、これでは急な出費があると困るのも事実。

そのため、わたしは「へそくり(予備費)」をお財布の中に入れています。

予備費をお財布に入れている方は多いと思うんですけど、わたしは予備費として11,000円入れています。もちろん、半端な1,000円はわざとです。

スポンサーリンク

1,000円を入れている理由

実は、1万円札を崩さないようにするために、1,000円札を追加しています。というのも、一度大きいお札を崩すと気が抜けてしまうのです。

つまり、1万円札を守るために1,000円札を入れています。

そして、この方法にしてからというもの、1万円札を崩すことが少なくなったし、崩しても前ほど使わないようになりました。

1万円札を崩したくない!という気持ちが持ちやすいのと、1,000円札を使ったときに、「ヤバイ!」とはっきり思えるので思えるのがいいみたい。

こんな単純なことでも気持ちって変わるものでした。

わたしの場合、現金で支払うものは小額の出費が多いので、1,000円で十分対応できるし、これぐらいなら使っても補てんしやすい。

ところで、この元ネタは本屋で立ち読みした本なのですが、出典は忘れちゃいました。

ただ、元ネタでは15,000円で、10,000円を崩さないために5,000円でブロックしていると書いてありました。

わたしの中では5,000円は大きい金額なので1,000円にアレンジしたけど、現金出費が多い人は5,000円の方がいいと思います。

要は「あ、このお金を使っちゃった。やばい!」って気を引き締めるためのお金なので、いくらでもいいのです。

大きいお札を崩したくないという気持ちって結構あるけど、一度崩しちゃうと、なし崩しになっちゃいがち。

わたしと同じようなタイプの人には、この方法オススメです。

スポンサーリンク

シェアする