浪費家さんへ。お金を目的別に分けると赤字を防ぐことができます。

他の「貯金」を使いこんでしまう……というお悩み
上記の質問をいただいたYさんからご質問を追加でもらったので、お答えしたいと思います。 もう1つ聞きたいのですが、趣味の貯金を使うと...
夫がおこづかいの赤字を防ぐためにやったこと。
夫のおこづかいは現在35,000円です。今のシーズンはゴルフなどの付き合いが出てくるので、どうやりくりしているのかな?大丈夫なの?と...

上の二つの記事でも同じようなことを書いたのですが、浪費家さんはお金を目的別に分けてあげたほうが、お金を貯めやすいです。

というのも、「お金がある~」と思うとつい使っちゃうのが浪費家さん。そして、いつの間にか「お金がない」状態になってしまうんですよね。

浪費家さんだって、お金がないと思ったら我慢してるはずです。(わたしも浪費家時代、ちゃんと我慢していました。)

まったく我慢しない浪費家さんっていないとわたしは思ってます。

だけど、我慢している最中に、必要な出費(あるいは出さなきゃいけない臨時出費)が来てしまうと、一気に赤字に(涙)。

……そうすると、「ああ!もうこんなに我慢したのに赤字じゃん!節約したって意味がない!」

って思ってしまい、もうどうでもよくなっちゃう=負のスパイラルの始まりです。

スポンサーリンク

負のスパイラルから出るために

そう考えると、一番最初の「お金がある~♪」っていう気持ちさえ変えれば、その後の結果も変わりそうだと思いませんか?

要は「お金がある~♪」って思っちゃうから使いすぎるのであって、「思ったほど余裕はないかも?」と思えば、浪費家さんでも我慢ができたりするのです。

そのためには、「お金を目的別に分けてあげると」いいです。

例えば、予算決め。食費には○万円、洋服代には○万円などと決めること。あるいは、子供用の貯金(子供積立)、車貯金(車積立)などです。

何で目的別にお金を分けるといいのかというと、お買い物の時に考えるようになるからです。

例えば、お給料が出たとき「あ、可愛いお洋服がある!お給料でたばっかりだし買える~!」という気持ちが、

「今の予算はこれぐらいだから、予算内で買える!」

「これを買っちゃうと、他のお洋服が買えない。これを買ってもコーディネート的に大丈夫かな~。一番欲しいのは靴だけど。」

目的別に分けることによって、「洋服」に使えるお金がどれぐらいなのかがはっきり分かるようになります。

はっきりわかれば「その範囲内で買って大丈夫かな?」って考えます。

考えた分だけお買い物の失敗は減るから、お金の使い過ぎも減らせるようになるのです。

もし、お金を使いすぎてしまうな……と思うことがあったら、予算を決めたり、積立をしたりして目的別にお金を分けてみてくださいね。

他の「貯金」を使いこんでしまう……というお悩み
上記の質問をいただいたYさんからご質問を追加でもらったので、お答えしたいと思います。 もう1つ聞きたいのですが、趣味の貯金を使うと...

この質問の他の貯金を使い込んでしまう……というのも、「貯金」=「お金がある♪」と思っているからこそ使ってしまうのです。

だけど、「積立」=「何かに使うお金」と思い直すことで、それは「使っていいモノじゃない」と分かればまた行動が変わります。

つい貯金を使い込んじゃうという人は、ぜひ上の質問を見てみてくださいね。

追記

お金を目的別に分ける=予算を決めると言っても、むやみやたらに予算を決めても実は失敗しやすいです。

なので、予算決めのコツについて知りたい方は、下の記事を見てください♪

挫折しない予算決めのコツ
予算を決めるときに一番大事なのが、思い付きで予算を組まないことです。というのも、予算の失敗の原因はたいてい自分の一瞬の思いつきで予算...
スポンサーリンク

シェアする