カードを使うときの基本知識

クレジットカードは、一つだけよりも二つ・三つ持っているほうが実は便利です。というのも、自分のクレジットカード「は」使えないことがあるからです。

実は、クレジットカードにはの5大国際ブランド

 JCB
 VISA
 MasterCard
 AmericanExpress
 Diners Club

がありますが、それぞれ使えるお店(加盟店)が違うので、JCBはOKだけど、VISAはだめといわれてしまうこともあるからです。

ただし、あまり多くのクレジットカードを持っていても、結局ポイントが貯まりにくくなってしまうので、持ちすぎてもよくありません。

個人的にはJCBとVISA or Master Cardの組み合わせがおススメです。

まず、JCBをオススメする理由ですが、JCBは日本のブランドなので、日本ではやっぱり一番加盟店が多いと言われているから。

(ただし、最近はJCB、VISA、MasterCardの差は日本ではほとんどないとも言われています)

また、JCBはポイントサービスなどがVISAやMasterCardに比べて充実していると言われています。

(例えば、楽天カードもJCBのみnanacoチャージでポイントがつきます。VISAやMaster Cardを選ぶとポイントはつきません。)

ただ、JCBだけだと海外に弱いので、VISAかMaster Cardのどちらかのカードも一つは作っておくことをオススメします。

どちらがいいかというと、あまり大きい違いもないみたいですが、VISAはアメリカ、MasterCardはヨーロッパに強いと言われているようです。

ところで、AmericanExpress と Diners Clubは富裕層向けなため審査が厳しく、また年会費も高いです。一方、その分サービスが充実しています。

なので、審査に受かる条件を持ち、それらのサービスを受けたい人が持っているようです。

以前は、加盟店が少なかったのですが、最近はJCBなど他の国際ブランドと提携することで加盟店の少なさをフォローするようになったようです。

ちなみに、この二つのブラックカード・プラチナカードは取得が難しいので、一種のステータスになっています。

同じ国際ブランドのカードを作っても、あまり意味がありません。特に、2枚目以降のクレジットカードを作るときには、違う国際ブランドを選ぶ方がいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク