我が家は夫と妻、二人で家計管理。実際の方法を紹介します。

私たち夫婦はDINKSなので夫婦共働きです。

時々、同じ共働き家庭(DINKSじゃない人も含む)に私たちの家計管理方法を言うと、「すごい!」「しっかりしてるね~」「まるで会社みたい!」なんてお褒めの言葉(?)を頂くことが多いので、実際にどうやってやってるかをご紹介します。

スポンサーリンク

結婚後の収入はそれぞれの口座で貯める

結婚後の収入は「二人のもの」と考えているけど、どちらかの口座にまとめてお金を貯めたりはしていません。

それぞれの給料は、自分の名義の口座で貯金しています。(共有名義の口座は作れないので。)

というのも、万が一離婚になった時に大変そうだから。

そして、もう一つデメリットがあります。

例えば夫名義の口座にまとめてしまうと、万が一夫がなくなったら、口座は凍結されてお金を引き出せなくなります。

さらには妻が稼いだ分も入っているのに「夫の資産」とみなされやすいので相続税対象にもなってしまいます。

そして、夫の資産とみなされてしまったら……子供がいない場合、妻+夫の両親が相続人になってしまいます。

夫が稼いだお金ならそういう法律だし、しょうがないと思うけど、自分の稼いだお金までもっていかれるのは絶対いや!

そういうわけで、口座はまとめていないし、まとめない方がいいと思ってます。

その代わり、お互いの収入&支出についてはエクセルを作成し、お互いが自由に見られるようにして二人で管理するようにしています。

我が家のExcel家計簿

futari4

上の図は我が家のエクセル家計簿です。この家計簿は全体の流れを見るためにつけています。

左の列に項目と目標の予算、そして実際の各項目の支出や収入を書いています。

全体像の写真をとったので、字が小さすぎて見にくいのですが(スマホだと画面がさらに小さくて見えないかも……)

  1. 各月ごとに”手取り-支出=残金”を記入(毎月のあまり貯金)
  2. 先月までの残金の合計額と合わせた合計(月々のあまり貯金の累計額)
  3. ボーナスのあまりと毎月のあまりを足した総合計(青色のところ)

も表の下の方にあります。

こうすることによって、全体のお金の流れが分かるし、各月でたまに赤字になっても、あまり貯金で相殺できているか?が分かるようになってます。

ところで、ボーナスには予算の項目はありません。

ほとんどが特別支出なので「予算」をつけるのが難しいため、使った項目とお金だけ書くようにしています。

家計簿をつけるのは夫

ちなみに、このテンプレートはわたしが作りましたが、今は夫が記入しています(初めはわたしがつけていました)。

でも、夫に記入してもらって本当によかった!というのも、お金について意識するようになったから。

夫はお金がどれぐらい残っているのかはっきり見えないと、使いすぎてしまう人だったから。

例えば、結婚した当初、夫は帰省は絶対に年3回はしないとダメだ!!という強い気持ちを持っていました。

でも、家計に占める帰省費の割合に気がついたとたん、年2回でもいいとあっさり変わったのです。

夫が帰省は年3回は絶対!と熱く語っていた時、わたしは「お金がかかっても絶対!」という意味だと思っていました。

「結構お金がかかるよ?」といっても、帰省するってうるさかったから。

でも、本当にお金が足りないなら、少なくてよかったのです。ちなみに、あっさり夫が変わった時、わたしがあの熱さはなんだったの?って思ったのは内緒(笑)

それと、無駄遣いしてなくても、意外とお金があまらないって実感できるみたい。そして、夫は自分のお小遣いを自分で決めて減らしたんです。(このExcel家計簿とにらめっこして。)

お金があるならあるだけ使ってしまう、という旦那さんの場合は決してオススメしませんが、旦那さんにつけてもらうのは、旦那さんが変わるきっかけになるのでお勧めです。

おまけ

ちなみに、わたしのPCを二人で使っているのですが、家計簿は共有フォルダに入れているので、どちらのアカウントからも見たり、編集できるようにしています。

また、わたしの収入も同じように管理していますが、支出がほとんどないので、もっとずっとシンプルです。

スポンサーリンク

シェアする