わたしの食費&生活費の管理方法

わたしの食費&生活費の管理方法についてご紹介したいと思います。

ただ、ちょっと誤解のないように書いておくと、わたしの方法がベスト!というつもりはありません。また変わるかもしれないし。

ただ、「こういう風に考えた結果、こうしている」を知るのは、応用がききやすくて参考になると思うので、興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ルール1:クレジットカードでの支払いは原則しない

わたしはクレジットカードでは食費や日用品を支払うことは基本的にないです。

なぜかというと、一番の理由は「お金」として見えないと使いすぎてしまう心配があるから。

わたしはクレジットカードを使うときは、今でも「クレジットカードを使ったらポーチに入金」をやっているのですが、

クレジットカードの使い過ぎ防止に必要な二つのルール
クレジットカードの使い過ぎ防止に必要なルールは実はたった二つ。しかも二つともとてもシンプルなルールです。どんなルールかというと… ...

わたしの場合、食費&日用品の買い物はほぼ毎日。クレジットカードを使うたびにポーチに入金はさすがに面倒くさくて。

なので、クレジットカードの方がお得と分かっていても、使わないと決めています。

例外は……

  • 浄水器のレンタル費用(月1,000円がクレジットカードで引き落とし。)
  • たまに楽天市場で買う時(月1~2回。主に楽天スーパーセールかお買い物マラソン時)

この二つならポーチに入金の手間もほとんどないので、楽天カードを使っています。

ルール2: 電子マネーを使えるところは電子マネーで支払い

以前の住まいも今の住まいもイオン系列のお店が家の近くにあるため、食費・日用品の買い物はイオン系のお店が多いです。

クレジットカードを使わない代わりに、電子マネーのWAONを使っています。

初めは、WAONも使わず現金のみでした。

でも、イオン系列のスーパーの場合、WAONで支払うと特定の日が5%OFFになったり、ポイント2~5倍になったり、たまに商品によってボーナスポイントがもらえたりなどがあるので、WAONがあるととってもお得。

なので、WAONを使うようになったのですが、生活費を把握しやすいように工夫しています。

WAONは食費・生活費以外には使わない

前に紹介したように、電子マネーは一つの用途に限定して使用しています。

電子マネーは使い道を限定して、無駄遣いを防止しよう。
わたしは楽天Edy、Suica、WAON、(nanaco)といった電子マネーを使っています。だけど、電子マネーってお金を使った感覚が...

WAONはコンビニなどでも使えるけれど、食費&日用品用と決めていて、例えば自分の私用には使わないようにしています。

WAONを使うと、200円ごとに1ポイントついてお得だけど、0.5%のお得のためにお金の管理がぐしゃぐしゃになって家計管理がしにくくなったら本末転倒

なので、自分の私用とか目的外には使いません。

WAONは現金でチャージ

生活費は予算が決まっているため、お得だからと言って使いすぎては赤字になってしまいます。

そのため、電子マネーでも、お金の見える化が大事!

見える化するために、WAONは現金でのみチャージするようにしています。

本当はイオンカードセレクトでオートチャージをすれば、チャージにもポイントがついてお得です。

でも、「完璧なお得」ができなくなったとしても、ものすごく損するわけじゃない。ちょっとお得ができれば十分♪

それより、使いすぎないようにする方が大事なので、現金チャージにこだわってます。

チャージは月1回ではなくて、数回に分けてチャージ

月初めに食費の予算を全額チャージすることはありません。理由は二つあって……

一つは、まとめてチャージすると使いすぎてしまいやすいから。なので、1回につき大体5~7日分のお金をチャージするようにしています。

もう一つの理由は、イオン以外のスーパーも使うため。ちょっと現金も残すようにしています。

ルール3: 家計簿はつけない

食費&日用品の家計簿はつけていません。というのも、食材を捨てるということもほぼないし、冷蔵庫の中もきれいです。そして、今のところなんとか予算内に収まっているから。

家計簿はつけるのが目的ではなくて、あくまで自分のお金の使い方を見直す(振り返る)ために記入するもの。

わたしの場合、毎月予算内に入っているし、つけても振り返らないだろうな~と思っているので、食費&日用品の家計簿をつけていないのです。

でも、もし、無駄な食材ばかり買ってしまって捨ててしまう、ストックがたくさんありすぎる、冷蔵庫がぐちゃぐちゃしているというような人は、買い物を振り返る必要があるので、家計簿をつけた方がいいです。

つまり、食費や日用品の家計簿をつける・つけないは、自分がどの段階にいるのか?で決めるのがいいと思ってます。

以上が、わたしの食費&日用品費の家計管理の方法です。参考になったらうれしいです♪

スポンサーリンク

シェアする