マンション購入の際に転勤族がよく言われる「賃貸に出せばいい」という甘い誘惑に注意!

「ここなら、駅からも近いし賃貸に出せばいいですよ~。実際、購入されて賃貸されている方もいらっしゃいます。」

新築マンションのモデルルーム見学で、言われた一言。

夫は転勤族なので、マンション購入しても転勤が付きまといます。なので、背中をひと押ししてるつもりなんだろうけど……

わたし的には、すごく微妙~。それには理由があります。

スポンサーリンク

我が家の隣人が、賃貸に出していたのを見て分かりました。

大学生の時に家族で引越したという話は以前しましたが、引越し先は分譲住宅地域でした。

なので、隣近所もほぼ同時期の入居。そんなあるとき、引っ越して1年も経たない内に隣の家の人が海外駐在になりました。(そして、数年に1回戻って1年も経たないうちにまた駐在というハードな生活でした。)

そして、当時では珍しく自分の家を賃貸に出していたのですが、ある時を境に、賃貸に出すのを辞めたようです。

隣の人が賃貸を止めた理由

1. 自分が駐在先から戻っても、すぐに住めるわけではない。(すぐ退去してもらえなくて困ったそうです。)

2. 賃貸の人がわざと汚く使っていたわけではないとは思うけど、やはり家の痛みがかなり気になる。

正直、借りている人が買った人ほど思い入れを持ってくれるなんてないと思うんです。(自分のものじゃないし)

それに、買った時のピカピカな状態を覚えている分だけ、普通の経年劣化でさえ、多分ギャップがあって辛いんじゃないかと。

そんなことを母から聞いていたので、転勤族がマイホーム購入時に考える「賃貸に出して家賃収入でローン相殺」は検討しない方がいいんじゃないかと思っていました。

さらに、ある本との出会いがありました

不動産営業マンに負けない本

ネットサーフィンをしてた時に、あるブログでオススメされて知りました。(図書館で借りたので写真がなくてすみません……)

そこに書いてあったのが、

「新築マンションを買う時に、賃貸に出して家賃収入を得ればいい!なんて考えるぐらいなら、最初から中古マンションを買った方がいい。」

「中古マンションなら、傷などの状態を購入時に確認ができるけど、新築マンションを賃貸する場合、家の状態がどうなるかは分からない」

「家の状態がいい時に貸しに出して、その後他人が汚した家に住むのは多額のローンを背負っているのにもったいない」

……というようなことが書いてあって、自分の聞いたリアルな話と一致したのですごく納得したのです。

賃貸すると収入が入ってくるから、経済的には楽だけど、予想以上の傷や汚れがあったら、自分の中で不満が出るなと思って。

あんなにきれいな家・マンション貸したのに!!って。

もともと「新築の家・マンション」の値段は、新築のプレミアムがお値段に入っているのに、その最大のメリットを他人が住んで自分はローンの負担なんて……(もちろん、その分家賃に上乗せできるけど)

自分が10年以上住んだ家だったら、賃貸に出してもそんなに未練はないと思うけど、転勤族だから数年で転勤の確率が高い。

(わたしが昔住んでた実家は貸しに出してますが、築20年以上なので誰も未練はありません。むしろ住んでくれて感謝しています(笑))

貸すぐらいなら、確かに、自分が住む時に状態を確認して買える中古マンションのほうがいいのかも?と改めて思ったんです。(大きい傷があったら、値引き交渉もできるし)

(とはいっても、中古マンションを買う場合、また別の注意点があります。大規模修繕の積立金とか……)

住まなくても家は傷むけれど、「他人が住んでも家は傷む」というのを考えた上で、決断するのがオススメです。

最後に

転勤族はいろいろなところに住めるのがメリットな反面、なかなか住居を決められないのがつらいです。

やっぱり賃貸用マンションと分譲マンションって作りが全然違うなぁとモデルルームに行って改めて思ったし…。

でも、住めなかったら貸せばいいや!と安易に契約してしまうと、後でこんなはずじゃなかったって思うことも多いと思うので、よく考えてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする