真面目な人ほどはまりやすい。繰り上げ返済のし過ぎは危険!

よく、繰上げ返済を頑張りましょう!なんていうのを見るのですが、繰上げ返済の「しすぎ」にはくれぐれも気をつけてくださいね。

というのも、人生、何が起きるかわからないから……

私たちが年を重ねていくということは、実はお金がかかるイベントが、これからやってくると考えても過言ではないんですよね。

子供の成長に伴う出費。
年老いた両親の介護。
自分や家族の病気のリスク。
そして、リストラの可能性。

あらゆるリスクを考えた時、現金が手元にあると本当に助かります。

繰上げ返済をすると確かに借金は減りますが、上記の問題は繰上げ返済をして借金が減っても、手元にお金がなければ何も解決できないことなのです。


実際、会社でも「黒字倒産」というのがあるのはご存知ですか?黒字でも、手元にお金がないため支払ができず倒産してしまうのです。

それぐらい、手元にある「現金」って大事なんです。(友の会や旅行積立がオトクなのも、お客様が先に現金をくれるからこそ、高還元してくれるんです。)

今は住宅ローンの利子は非常に低いですが、いつまでこの低金利が続くか不安で、繰上げ返済に力が入ってしまう気持ちも良くわかります。

でも、手元に現金がないというリスクも一緒に考えないと、万が一何かあった時に八方ふさがりで、キャッシングに行くしかなくなってしまいます。

つまり、繰上げ返済するんだという気持ちで「貯金」に精を出すのはいいのですが、そのお金を全部返済に回すのではなくて、ある程度「多めに」貯金として持っていた方がいいということなのです。

ローンを減らすことも大事なのですが、同じぐらい手元にお金があるかどうか?も大事ですので、くれぐれも繰上げ返済の「しすぎ」(あくまで「しすぎ」です)には注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク