3. 10万円を貯めた、その後と家計簿ばなし

10万円を貯めたその後、神様は頑張ったわたしを見捨てなかったのか?!なんと、奨学金があたりました。(しかも、返済不要!)

それで学費と私の生活費の大部分が出せることになりました。

結局、当時の親から援助してもらう生活費は定期代とご飯代の2万円のみ。その結果、ちょっぴりゆとりができて、当時の予算はこんな感じでした。

ちなみに、奨学金が当たった数か月後、家計簿を予算管理スタイルに変更しました。

スポンサーリンク

月6万円の収入生活

わたしの当時の収入は月6万円~でした。その収入と内訳をご紹介します。

当時の収入と支出の内訳

ribon_s 月6万円で基本的にやりくり。(当時の家計簿より抜粋)

食費:10,000円

お昼はお弁当(母) 主に夜ご飯@学食。あまったら、ほしいもの貯金へ。

ケータイ代:10,000円

当時は安いプランがなかったんですよね(涙)あまったら、ほしいもの貯金へ。

定期代:10,000円

定期は毎月購入してました。なくすと大変なので。

美容費:5,000円

当時はこの予算でした。

ゼミ旅行代積み立て:5,000円

ゼミ旅行代。残りはゼミ雑費+ほしいもの貯金に。

こづかい:8,000円

ここから雑費などもまとめてやりくり

洋服代(友の会):5,000円

友の会のお金です。

貯金:5,000円

卒業時にお金がかかるので、貯金

ゼミ雑費:2,000円

ゼミの飲み会など。

ribon_s 臨時収入(時々、模擬試験の採点のバイト。1回5,000円〜10,000円ぐらい)

夫へのプレゼント、ゼミ雑費、「欲しいもの貯金」へまわす。

当時の収入と支出について

当時のわたし、自分で言うのもあれだけど、かなり頑張りました。

食費も、お家からお弁当&ご飯を持っていって、おかずだけ学食で買ったり。(母の協力のおかげです)

美容費はこの予算じゃきつかったけど、足りなかったら欲しいもの貯金で補填したりで、何とかやりくりしました。

(美容院は、カットモデルをやったり、hotpepperのお世話にも。)

一方、デート代は当時の彼(今の夫)が社会人だったので、ほとんどおごってもらってました。

わたしが払うのはお茶と誕生日・バレンタインデーの夕食、そして誕生日プレゼントぐらい。

なので、「おこづかい」と「夫へのプレゼント代」で十分対応できました。

ところで、「ほしいもの貯金」とは何かというと、「とにかく臨時収入とか、あまったお金を集めた予算」です。

この予算で、自分の好きなお洋服とか買おうって思ったのです。

洋服代はあるけど、これは友の会の積立なので使えない。(春コートのために友の会に入りました。)

なので、別にどうしても予算を取っておきたかったんです。お洋服のために。

当時のわたし、本当に本当に「ほしいもの貯金」を頑張りました!というのも、お洋服が買えるかどうかは、日々の節約にかかってたから。

あまれば、欲しいもの貯金にすぐまわしました。ゼミの飲み会も予想よりお金がかからなかったら、すぐ回す。

当時の家計簿見ると、本当にすぐあまると回してて、ちょっとおもしろかったです。

そして、この時の経験で、欲しい○○を買うためなら、きつくても我慢できるし意外と楽しい。とすごく実感することができました♡

4. わたしを変えた本
火車 価格:1,069円 (2015/4/22 09:53時点) 感想(74件)節約・貯金関...
スポンサーリンク

シェアする