1,000万円を貯められたきっかけ

貯金0だったわたしが、1,000万円を貯められるなんて当時はまったく思いませんでした。

今でも覚えているのですが、まだやりくり&節約を始めたばっかりの頃に見つけた「33 歳で1,000 万円貯金するコツ」のような名前のサイト。(残念ながらサイトは閉鎖されてしまいました。)

そして、しっかりした内容のサイトだったので、この管理人さんはすごいな!って尊敬していました。

だって、当時の私からしたら、33歳までに1,000万円貯めるなんて、あり得なかったんです。

もう絶対不可能!!って思ってた。1,000万円なんてそんな大金どうするの?っていう感じ。正直、持ってるイメージもつきませんでした。

なので、頭がいいから貯められたんだと他人事のように思ってました。

スポンサーリンク

他人事のように思っていたわたしが、ふと気がついたこと

だけど、よく考えてみると、それぐらい貯められそうな人たちが意外と多そうなことに気がついたのです。

当時ホームページやブログで流行っていたのが、1年で100万円貯金。これは独身一人暮らしOLさんでも、達成している人たちが多かったのです。

「あれ、10年間頑張れば、1,000万円貯められるじゃん!!」

そのとき、今まですごいと思ってた「貯金1,000万円」は、もしかして特別なことじゃないのかも?と思いました。

努力は必要かもしれないけど、無理じゃないって。

無理じゃないと分かってからのわたし

そのときに、わたしの意識はがらりと変わりました。

毎年100万円+残業代はほとんど貯金。ボーナスも半分ぐらいは貯金。また、ちょっとだけど退職金や両親から結婚祝い金をもらったりもして、入籍前に1,000万円を超えていました。

とはいっても、お祝い金や退職金はちょっとずるい?(笑)

だけど、同じ環境でも、きっと自分の意識が変わらなかったら、あの時に「特別なことじゃない」って思わなかったら、わたしは1,000万円なんて貯められませんでした。

あの意識ががらりと変わった瞬間、今でも覚えているので本当にそう思うんです。

なぜ、できたのか?と考えると、やっぱり「頑張れば絶対できる」ってあの時、思ったからなんです。

そう思ったからこそ、自分を変えることができました。

よく考えてみると……

1年間で100万円貯める場合、大卒で22歳から始めたとすると、ちょうど32歳で1,000万円。

30代で 1,000 万円以上持っている人は少数派なのに、しっかり仲間入りができちゃうわけです。

ちなみに、1年間で50万円の場合は42 歳で1,000万円。共働きでもない限り、それぐらい貯めてる人はやっぱり40代でも多くないようです。

絶対に手が届く、と思うことが大事

貯金がない場合、1,000万円って聞くと自分が持っている想像すらできないと思うのですが(わたしがそうだったので)、絶対、手が届く目標です。

もちろん、簡単に届く!とは言いません。だけど、頑張れば必ず届く目標だと思います。

夢じゃなくて、「手が届く!」「絶対できる!」そう思って頑張ってみませんか?わたしは、そうはっきり確信したからこそ、できました。

「想像すらしたことがない」とか「そんな大金!!」という意識だと、できるものもできなくなっちゃいます。

現に過去のわたしがそうでした。そんなの本当にもったいない。

ぜひ、自分にもできる!!そう思って欲しいと思ってます。

スポンサーリンク

シェアする