家計を見直しするときのコツ。予算の見直しの失敗・成功の鍵はコレ!

家計を見直しする時、多くの人は「平均的な予算」や「やりくり上手な人」と比べて「ここは無駄遣いしているから、予算を減らしてみよう」ってまず考えます。

実際、雑誌の家計管理相談でも「ここの点は節約できそうですね」「ここの予算を減らせば○○○○円貯金できます」という話が多いし。

だけど、その視点「だけ」だと実は失敗しやすい

(予算の見直しはやったけど、うまくいかなかった~!!っていう人は多い。)

なぜうまくいかないかというと、その視点だけでは、どうしても「我慢」「お金を使わない」ばかりに気持ちが集中してしまうから。

結果、節約や貯金は、辛くて大変なモノになる。そして、楽しいものとはまったく思えなくなっちゃうんですよね。

そして、挫折する。

すると、今度は楽しく節約している人を見て、「ああ、自分はダメだから楽しくお金が貯められないんだ」「自分の性格のせいで」なんて思ってしまい、「自分は節約ができない」と諦めてしまうんじゃないのかな?と思います。

スポンサーリンク

はじめに考えるのは、「我慢できそうなこと」ではなくて「自分がどうありたいか」

もちろん、貯金には「我慢」「お金を使わないこと」も必要です。

だけど、それよりもっと大事なことがあります。

それは、家計管理の見直しをするときには「自分がどうありたいのか?」を具体的に考えることです。

なぜなら、楽しく節約(=楽しく我慢している人たち)は、「自分たちのありたい姿」に向かっているからこそ、お金を使わなくても楽しく暮らしているんです。

なので、我慢すること(=削れそうなところ・節約)をまず考えるのではなくて、「お金を貯めて何をしたいのか?」をまずはじっくり考えてみませんか?

具体的にイメージするんです。

そして、そのために何が削れそうなのか?を考えます。

先に「お金を貯めてしたいこと」を考えた方が、成功しやすい理由

どうして、先にお金を貯めてしたいことを考えた方がいいのかというと、「頑張った先にどういう未来が得られるか?」がはっきりとわかるからです。

単に、この項目は○○○○円削れますよ、だから○○○○円貯金ができますよと言われただけでは、モチベーションになりにくい。

一方、これを我慢したら、結婚資金が貯まる。旅行に行ける。車が買える。マイホームの資金になる。子供の大学進学になる。せっかく買ったマイホームだから、素敵なインテリアにしたい。

こういう欲望があるからこそ、人は頑張れるんだと思います。

上にあげたのは、ちょっと真面目なものばかり?!ちなみに、わたしの場合は、下の記事に書いたように「お菓子やジュースを我慢すれば、ブランドバッグが買えるじゃん~!!」でした(笑)

貯金ゼロのわたしでもできた、家計簿でお金を貯める簡単なコツ
「無駄遣いしちゃったな~。今度から気をつけよう」何回もそう思って家計簿をつけてきたけど、昔のわたしはまったく貯められませんでした。 ...

だったら、我慢する、できる。ってなるんです。

つまり、「お金があるから、自分の思うような素敵な暮らしができる」ではなくて、「素敵な暮らしをするために、ちょっと我慢してお金を貯めよう」という考え方で、節約上手の人は暮らしています

そして、自分の憧れの暮らしのためにやっていることだから、楽しそうに見えるのです。

だからこそ、自分の憧れの暮らしや自分がどうありたいのか?をまずしっかり考えてから、何が我慢できそうか?を考えるのが成功しやすいコツです。

他にも、よくある例としては……

例えば、劇団員さんや若手芸人さんたちの多くは、バイトをしながら少ないお金で暮らしていると聞きます。決して生活は楽じゃない。

だけど、みんなが生き生きしているのは、自分の夢(=自分のありたい姿)に向かっているからです。

夢を持ってない人なら、周りと比較して辛いと思うような生活だったとしても、自分のありたい姿に向かっていれば、そんな風に感じないのです。

そう考えると、「自分のありたい姿」をしっかり考えて、その上で何を削れるか?を考えるのが、家計管理の一番大事なコツだと思います。

もし、今までうまく予算を組んだりといった家計管理ができなかった人も、もう一回考え方を変えてやってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする