自分を褒めると節約できる?!成功しやすい考え方とは

「自分を褒める」と貯金の成功率が上がるって知っていますか?

「そんなことで成功率が上がるわけない!」と思っている方も多いと思います。

でも、成功率をあげるためにはとっても大事なことなのです。

スポンサーリンク

自分を褒めると成功率が上がる理由

例えば、お弁当づくり一つにしても、

「節約のために頑張らなきゃ……」「今日、お弁当づくりできなかった、ダメなわたし」こんな感じでテンションが低いと、続くものも続かなくなります。

でも、自分で自分を褒めることができると、こんな風に考えます。

「今日もお弁当づくり頑張っちゃった!わたし、偉い!」

(例え、おにぎりだけだったとしても)「これでも作るわたし、頑張ってる!」

(お弁当づくりができなかったとしても)「寝坊しちゃったけど、明日は頑張ろう!わたしならできる!」

こう思ってると、時にはできない時があっても、諦めずに何とか続けることができるんです。

まじめすぎると、実は失敗しやすいかも?

ストイックで完璧主義、また内省的な人だと自分への評価が厳しいことが多いです。

それは、職人気質でいいことでもあるのですが、モチベーションをあげるという意味では、マイナスに働いてしまうことも多いです。(叩かれて伸びる、という人以外は……)

失敗してもいいんです。昔の自分から変わろうとしている自分のことは、積極的に褒めてあげて、モチベーションをあげていきましょう:)

実は、わたしは自分を良く褒めています。

ちなみに、恥ずかしながらここだけの話、「わたし、頑張った!」「わたし、すごい!」とよく自分で自分を褒めてます(笑)

はたから見ると、褒めるほどでも……ないかもしれないこともあるんですが、対自分比で考えれば頑張ったことだったり、工夫したりしてるから。

逆に、わたしが自分で自分を褒めるタイプではなく、マイナス思考だったら?

「たったこれだけじゃ……」となって、楽しく貯金し続けられなかったかも?

そして、きっと頑張り続けられなくて、今のわたしはいなかっただろうな、と思います。

最後に

ささいなことでも、今までできなかったことをやろうとしているのは本当にすごいこと。

そして、自分を認めるその気持ちこそが原動力になると思うんです。

性格が控えめな方だとなかなか難しいかもしれないけれど、お家の中で、こそっとやる分には誰も見てないので、大丈夫ですよ☆

頑張ってる自分をたっぷり褒めて、自分の「できる」力に変えてくださいね:)