わたしのおこづかいを見直して、減らしました。

今までのわたしのおこづかいは20,000円でしたが、15,000円に減らしました。

今までの記録もかねて、おこづかいの内訳を書きたいと思います。(共働き時代の月30,000円の内訳は忘れちゃったけど。)

スポンサーリンク

月20,000円(パート&専業主婦時代)のおこづかいの内訳

ケータイ代:3,000円(写真付きメールが来ると3,000円ぐらいに。基本料金なら2,000円で収まります)

夢貯金:3,000円

プレゼント代:2,000円

美容院代:2,000円

雑費:10,000円(あまった分は来年の洋服代のため積立)

雑費の範囲は、化粧品代やランチ代・カフェ代なども入ります。

では、15,000円になったらどうなったかというと……

月15,000円(これから)のおこづかいの内訳

ケータイ代:3,000円

夢貯金:1,000円

プレゼント代:1,000円

美容院代:2,000円

雑費:8,000円(あまった分は来年の洋服代のため積立)

になりました。

減らしたところについて

夢貯金は3,000円のキープが難しくなってきたので、ここで書いたように1,000円に減らしました。

減らそう!と思ったときに、この記事書いて良かったな~と思ってます。月々1,000円でも結構貯まると知ったから、安心して減らすことができました。

ちなみに、平成27年10月25日までに貯めた夢貯金代は121,000円になりました。

今は毎月1,000円なので毎年12,000円になります。「たった1,000円!意味がないんじゃ?」って思ってしまいがちだけど、数十年かかれば大きくなる。

1円を笑うものは1円に泣くじゃないけど、「1000円ぽっちじゃ意味がない!」なんて、そんなことはないんだな~と思ってます。

あとは、プレゼント代と雑費を減らしました。

プレゼント代は、月2,000円の積み立ても少しあまってるので(ちなみに25,000円)、月1,000円にしても何とかなるかな~と。

ここのところ夫の好きなご飯を作ったり、ケーキを買いに行ったり、食べに行ったりで終わっちゃうことが多くて。(わたしもプレゼントをもらってないし。)

残り2,000円分は雑費から減らすしかないので、減らしました。

個人的には「専業主婦」で月20,000円は高い方なのかな~と思いつつも、ケータイ代、夢貯金、プレゼント代などがあって、実質(わたしが自由におこづかいとして使えるお金)は12,000円でした。

(夢貯金もプレゼント代も好きでやってることだけど。)

今度は実質10,000円になります。あれ?自由に使える分は思ったより減ってなかった~(笑)

あとは、へそくり収入もあるので、月1万円で全部をやりくりしているわけじゃないのですが、ひとまずこんな感じです。

スポンサーリンク

シェアする