貯金0からの銀行口座選び

貯金0の人から「銀行口座を選ぶときのポイントは?」と相談されたら、わたしは

  • 「ATM の時間外手数料が無料になる銀行」
  • 「自分にとって使いやすい便利な銀行

と答えます。

なぜかというと、仕事をしていると時間外になってしまうことも多いし、一番手数料がかかりやすいのが、ATMの時間外手数料だと思うからです。

「利子の良いところ」は、貯金がほとんどない場合考えなくていいです。貯金がほとんどなければ、利子が良くても差があまり出ません。

例えば、貯金が10万円だとすると、利子が0.03%で30円、0.3%で300円。270円の差。この差を軽く考えているつもりはないけど、手数料の差のほうがずっと大きくなりやすいのです。

(利子は貯金があればあるほど効いてきます。)

そのため、手数料負担を考えたほうがずっと節約になります。

ATMの手数料って一回108円~だけど、利子と比較すると本当に高いのです。銀行に預けているのに、手数料でちょっとずつ減っちゃうなんてもったい!

だけど、貯金0だと時間外手数料が無料になりにくい場合があるのも事実。

でも「給与受け取り口座」にすることで無料になる銀行があるので、そういう口座をメイン口座にするのがいいと思います。

ただし、給与振込口座は会社から銀行を指定されることもあります。

そういう時は仕方がないので、どうやったら時間外手数料が無料になるのか?をチェックしてくださいね。(ただし、投資信託やカードローンの条件は避けること。)

スポンサーリンク

参考:メガバンクを給料振込み口座にした場合

給与口座と預金残高に着目して、三大メガバンクで時間外ATM手数料が無料になる条件を調べてみました。(2015年4月現在)

※詳細は各銀行のリンクで確認してくださいね。

みずほ銀行(みずほマイレージクラブに入会)

給与振込口座にしても時間外ATM手数料/コンビニATM手数料は無料になりません。

預金残高10万円以上あると、ATM手数料無料、コンビニATMは月4回まで無料になります。

三井住友銀行(SMBCポイントバックに入会)

給与振込口座あるいは預金残高30万円以上で、時間外ATM手数料が無料になります。またコンビニATMは月4回まで無料です。

三菱東京UFJ銀行(メインバンクプラスに入会)

給与振込口座あるいは預金残高10万円以上で時間外ATM手数料は無料です。ただしコンビニATMは無料になりません。

預金残高30万円以上になれば、コンビニATMも月3回まで無料になります。

実はメガバンクだけでもこれだけ違いがあります。ぜひ、しっかり調べて、自分にとって使いやすくてオトクな銀行を選んでみてくださいね。