へそくり口座にネット銀行がおすすめな三つの理由。

結婚すると、ほとんどの人が持つへそくり口座。

特にわたしのように結婚前の預金は各個人のモノのようにしていると、必然とへそくり口座になります。

そして、実際使ってみてしみじみ思ったのが、へそくりを預けるのにはネット銀行がとっても便利!ということ。

なんで便利なのか、理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

理由1:通帳がないので、相手に知られにくい!

へそくり口座、やっぱり「へそくり」ならパートナーには知られたくないですよね?(笑)

……となると、通帳のないネット銀行は便利。通帳の置き場を考える必要もないです。

理由2:一般的にネット銀行は金利が良い

マイナス金利のこともあって、どの銀行もさほど金利がいいわけではないですが、どうせならちょっとでも金利がいい銀行がいいので、お得なネット銀行が○

理由3:振込手数料が無料になりやすい銀行がある

ネット銀行の中でも振込手数料が無料になりやすいネット銀行がすごく使いやすいです。

というのも、へそくりを使うときは口座から下さないといけません。でも、ある程度まとまったお金があるとキャッシュカードって持ち歩くのが怖い。

だけど、振込手数料が無料だったら、へそくりを使う時にへそくり口座(A口座)から普段よく使う口座(B口座)に必要なお金だけ振り込む。

そして、B口座から現金を引き落とすということができるから、安心なのです。

ついでにネット銀行で振込手数料が無料になる条件を調べてみました。

振込手数料が無料になるネット銀行と言ったら、ソニー銀行、住信SBI銀行、楽天銀行。(じぶん銀行も2016年11月からauユーザー以外でも利用条件に応じてなるようです。)

各行、住宅ローンを組んでいれば優遇されやすいなどの条件もあるのですが、純粋に「預金残高」だけで比較するとこんな感じになります。

1000円~10万円未満

  • ソニー銀行:ATM手数料4回、振込手数料1回(イオン・セブン銀行ATMは何回でも無料)
  • 楽天銀行:ATM手数料0回、振込手数料0回
  • 住信SBIネット銀行:ATM手数料2回、振込手数料1回(30歳未満の場合のみ、ATM手数料5回、振込手数料3回)

10万円~50万円未満

  • ソニー銀行:ATM手数料4回、振込手数料1回(イオン・セブン銀行ATMは何回でも無料)
  • 楽天銀行:ATM手数料1回、振込手数料1回
  • 住信SBIネット銀行:ATM手数料2回、振込手数料1回(30歳未満の場合のみ、ATM手数料5回、振込手数料3回)

50万円~100万円未満

  • ソニー銀行:ATM手数料4回、振込手数料1回(イオン・セブン銀行ATMは何回でも無料)
  • 楽天銀行:ATM手数料2回、振込手数料2回
  • 住信SBIネット銀行:ATM手数料2回、振込手数料1回(30歳未満の場合のみ、ATM手数料5回、振込手数料3回)

100万円以上

300万円以上

500万円以上

まとめ

100万円未満ならソニー銀行、それ以上なら住信SBIネット銀行が無料回数が多くてお得でした。(楽天銀行はちょうどその間って感じ。)

口座選びの参考になったらうれしいです:)