DINKSだけど、子供積立始めています

わたしと夫は、子供が欲しい!と願っています。

とはいっても、実際、授かるかは天のみぞ知ること。だけど、「今からできることを」と思って子供積立をしています。

スポンサーリンク

子供積み立てを始めた理由

マネー雑誌では、「子どもが生まれてから」子供の学費のために積み立てしたり、学資保険に加入しましょう。あるいは「保育料などがかからない小学校に入学してから」って書いてあります。

でも、わたしは子供が欲しいのなら、結婚してすぐの方がいいと思っています。

夫婦二人共働きの時に貯めなかったら、一番貯めやすいのはいつ?

新婚当初は、一番収入があり、かつ二人だけで暮らしているので支出も少なくできる時期。

子供が生まれれば、支出はどうしても増えるし、妻側の収入もダウンします。

というのも、例え共働きでも、産休・育休中は今より収入が少なくなります。また、復帰したとしても時短勤務&保育料を考えるとやはり減ってしまうんですよね……

そう考えると、新婚の「二人で働いて子供がいない時」こそが「子供のお金」を貯める絶好の時期なのです。

子供が生まれてから貯金して節約となると、収入減、かつ支出増で、さらに積み立て開始になるからかなり大変だと思います。

先に子供積み立てをしていると、二人暮らしの時も、あまり贅沢はせずタイトな生活になりやすいです。だから、収入減&支出増でも少しは対応しやすくなる。

それに、積み立ては今まで続けていたことだから、そのまま継続すればいいだけ:)

早く始めれば始めるほど、積立額は少なくていい

大学の入学金は、「お金がかかりにくい小学生の時から積み立てておけばいい」とマネー雑誌に書いてあったりしますが、生まれる前からやっていればずっと楽になります。

早く始めれば始めるほど、毎月の積立額は少なくて済むから。

学資保険の場合は、生まれてからor妊娠してある程度たってからじゃないと駄目ですが、積み立てならすぐに始められます!

だけど、この話をしたら夫に驚かれました(笑)

ちなみに、子供積立をしたい!と言った時、夫はびっくりしてました。早すぎるって。

でも、子どもが進学したいと言った時にかかるお金の話を具体的に話したら、最終的には納得してくれました。

「奨学金を利用して大学」というフレーズはよくマネー雑誌で見るのですが、みんながみんな使えるほど、日本の奨学金制度って充実してないと思うんです。

マネー雑誌でよく見るけど、そんなにオススメしていいの?って個人的には思うぐらい。

育英会についても返済があまり良くないらしく貸与に影響が出ているというのを聞くと、今後、奨学金制度を当たり前の様におすすめするのには違和感があるというか。

なので、子供が欲しいって思うからこそ、今からできる準備だけはしっかりしようと思っています。

もし、残念ながら……ということになったとしても、その時は二人で楽しく暮らすためのお金にすればいいだけ。やる理由はあっても、やらない理由はないな~って思うのです。

なので、子どもが欲しいと思っているなら、DINKSの時から早めに準備しておくのは、おすすめです:)

スポンサーリンク

シェアする