子供の習い事にかけるお金の目安。我が家の身の丈はどれぐらい?

子供の習い事のお金について、小さい頃はあまりお金をかけすぎないように!と雑誌などでよく見ます。

だけど、自分にとってどれぐらいが「かけすぎ」なのか?が、いまいちピンと来ていませんでした。

家計診断でよく見る「家計の@%以内だったら安心」、「一般的な家庭はこれぐらいだから安心」っていうのも、なんかしっくりこなくて……。

そんなわたしだったのですが、今回、自分にとっての「かけすぎ」ラインを見つけることができたので、その方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

初めに、子供にかかるお金を調べてました。

我が家は転勤族なので、オール公立ではなく少しゆとりを持たせようと、私立幼稚園→公立小学校→公立中学校→私立高校→私立大学(理系・自宅から)を考えました。

(本来であれば、転勤族なので大学は下宿が現実的なのですが、予算的に無理過ぎたので自宅で算出しています。)

そこで、それぞれの段階でかかるお金(習い事を含めた平均)を調べました。

これはネットや雑誌の教育費特集等に載っている金額、先輩からの助言などを参考にして、気持ちゆとりを持った金額を算出したつもりですが、足りない可能性もあります(涙)

次に、学費や習い事に回せるお金を計算しました。

我が家の場合、子供積立のほかに、学資保険代わりに入った終身保険、児童手当になります。これらは純粋に学費や習い事として使うためのお金です。

最後に、これらをエクセルでまとめて一覧表にしました。

上記の情報をまとめてエクセルで一覧にしました。実際にわたしが作ったエクセルをキャプチャで撮ったものをご紹介します。(クリックすると拡大します。スマホだとちょっと字が小さいです。)

kodomo1

一覧表にしてわかったこと

予想通りの進路を進み、予想通りのお金がかかると大学3年の時に赤字になるということが分かりました。

結婚してからずっとこつこつ貯めてきたから、子供1人なら私立大学は大丈夫かな~と思っていたけど、思っていたほど余裕はなかったです。

余裕がないと思うのは、「大学3年で赤字になるから」もあるんですが、実はもう一つ隠された理由があります。

それは、そもそもこの表の前提になっている「子供積立」(月53,000円、年636,000円)の継続は、ハードルが高いのでは?と思っているからです。

我が家の場合、子供の心理的負担や進学で、いずれ夫の転勤についていけない時が来ると思っています。となると、夫の単身赴任で生活費や家賃の負担が増える。

その状況で、今まで通りの子供積立ができるとはあまり思えません。

なので、子供積立を続けるためには「学費・習い事をどれだけ節約できるか。」あるいは「わたしが働いて補う」ことも本気で考えないといけないということが、はっきりわかりました。

節約する目安を知るためには、年額だけでなく毎月の出費額を出すのがおススメ

支出は年間支出で出しますが、月々いくらぐらいの出費になるのかも合わせて出すのがおススメです。(月○○円というように。)

というのも、年額だといまいちピンと来なくても、月額にするとすごくわかりやすいから

例えば、幼稚園に通うときは、我が家は保育料+習い事で月々4.2万円で計算しています。

あくまでざっくり試算ですが(制服代なども全部込の予定なので)、月々4.2万円(実際は3万円台後半ぐらい?)が幼稚園時代にかけられる保育料+習い事のお金になります。

つまり、その時期にかけられるお金がはっきり分かるのです。

なので、我が家の場合、幼稚園代が高ければ習い事が減る、あるいは学費のお金を前倒しして使うことになるので、さらに本気でパートなども考える必要があります。

(幼稚園代は地域によって本当に違うみたいなので、高い地域に転勤になりませんように……)

そして、運よく公立幼稚園に入れれば習い事は少し増やしてもいいのかもしれないし、大学のことを考えて予算を回してもいいのかもしれません。

まとめ

月額にすることで、各時代のかけられるお金の上限がわかります。

また、収入と支出両方を見ることで、いつの時に赤字になってしまうのか?もよくわかります。

もし、計画通りに行かないことがあったとしても(例えば子供積立ができなくなる、子供の医学部進学など)、今後どうしたらいいのか?と考える土台になりますし、ある程度子供が大きければ、子供に説明する資料にもなります。

なので、習い事とお金のバランスの取り方に悩んでいる人は、ぜひ学費の表を作ってみてくださいね。

その時は、学費(支出)だけでなくて、学費に回せるお金(収入)も含めて作り、支出は年額とともに月額も一緒に出しておくと分かりやすいですよ:)

スポンサーリンク

シェアする