お金がない!が口癖でした。

大学時代の友人たちに会うと、やっぱり昔話に花が咲きます。その時に、みんなで旅行に言った話が出て大盛り上がり。

友人A「あの時、珍しくさくらから旅行に行こう!って言ったね~。」

わたし「昔の私は『お金がない』が口癖だったけど、お金ができたから誘ったんだよ~」と言ったら、友人A-D みんなで大爆笑(笑)。

「そうそう、さくらはしょっちゅうお金がないって言ってた!!」

スポンサーリンク

昔から、わたしの周りの人はなぜかしっかり者。でも

わたしの大学時代の友人達は、わたしの家よりも財力がある上にわたしよりしっかりしています。

今思うと、友人たちはやりたいことにはお金をかけてて普段は節約してた感じ。理想的なお金の使い方をする人たちでした。

一方、わたしは思いつくままにお金を使っていたので、いつも金欠だったんです。

でも、当時のわたしは「みんなの家はお金持ちだもん。」「みんなしっかりしているから」「わたしが金欠なのはしょうがないよね。」と思っていました。

だから、せっかくいい見本がいたのに見習おう!なんて思いませんでした

話していたら変わった自分をちょっと自慢したくなったので、奨学金全部返済したんだよ!と言ったら、みんな驚いて褒めてくれました。

本当に?すごい!って。

そして、昔、さくらはなぜこれにお金をかけるのか?と友人が思ったエピソードも出てきてびっくり!やっぱりお金遣いが荒いイメージだったようです(笑)。

スポンサーリンク

シェアする