月々3,000円の夢

結婚してから、月々3,000円を自分のおこづかいからこつこつ貯めています。

スポンサーリンク

月々3,000円を貯めるようになったきっかけ

独身時代、月々3,000円を病院代貯金として積み立てていました。

結婚しておこづかい制になってからは、病院代貯金はごほうび貯金と言う名になり、おこづかいからやっぱりコツコツ積み立てていました。

ふと、ある時、今から夫の定年までこの月3,000円を積立し続けたら合計いくらになるんだろう~?と思って計算したところ、約1,000,000円ぐらいになることが分かりました。

おおーすごい!

何に使おうかな?と思ったのですが、無事月々3,000円を定年まで頑張れたら、夫と旅行に行きたい。お仕事、今までお疲れ様旅行をしたいな~と思いました。

そこで、今まで貯めてた分ははそのまま「ごほうび貯金」として(せっかく自分のごほうび用に貯めてたお金だから)、今後は「夢貯金」として、月々3,000円を積み立てることにしました。

そして、この夢ができて、すごくやる気が出ました!月々3,000円って大きくない金額だけど、時間が味方になると本当に大きく育ちますね♡

もしかしたら将来、月々の積み立てが苦しい時もあるかもしれません。

そんなときでも、夢があれば「本当に捻出できない?」って考えることができるし、もし、積み立てが止まったり、その積立金を使うことになっても、よく考えた結果なら後悔は少ないはず(貯めてて良かったって思うかも。)

月々1,000円を22歳から60歳まで貯めると456,000円。月々2,000円なら912,000円、3,000円なら1,368,000円貯まります。

今書いてて思ったのですが、定年後のごほうびだったら、1,000円でも十分な金額かも?3,000円がきつくなる日が来たら、辞めるじゃなくて減額してでも続けられるように頑張ろう!と思いました。

皆さんも、よかったら一緒に月々○千円の夢、やってみませんか?

スポンサーリンク

シェアする