仲良くお出かけするために「お出かけ財布」作ってます。

わたしたちは外食・お茶代用に「お出かけ代」の予算を作ってます。

そして、このお出かけ財布を作ってよかったな~って今も思うので、ちょっとメリットを書きたいと思います。

スポンサーリンク

生活費を圧迫しないので、初心者主婦さんにも○

たまに食費と外食費を一緒にしている家計があるのですが、初心者主婦さんにはあまりお勧めしません。

というのも、外食って本当にお金がかかるから、慣れていないと家計のやりくりが大変なのです。

例えば、わたしは大体1000円/日の食費で考えています。だけど、夫婦二人でラーメンに行っただけで、あっさり1,600円ぐらいかかってしまいます。

なので、食費のコントロールがすごく難しくなるので、ベテラン主婦さんはいいけど初心者主婦さんには生活費と外食費を合わせた予算は辞めた方がいいと思ってます。

おこづかいで出さないから、無駄にケンカせず仲良くなれます!

お互いにおこづかいに余裕があれば、問題はないと思います。

だけど、お互い金欠になったら……どっちが出す?ってもめそうです。しかも、わたし前回出したよ!とか、俺はいつも高いのだしてるじゃん!とかになりそう。

お互いのおこづかいで出す場合、二人とも人間ができていないと無駄なトラブルが起きやすいのです。

でも、もし「お出かけ予算」で管理しているなら、「ねえねえ、もうこれだけしかないから、今日はどうする?」とかそういう会話に自然となります。

つまり、お金が少なくなったら、一緒にどうするか考えようとするので仲間になれるのです。

ね、簡単なことだけどメリットが大きいのです。

我が家のお出かけ予算はこんな感じでやってます。

お給料が出たら、お出かけ代は「お出かけ代専用財布」に入れます。(先月の予算が余ったら、そのまま繰り越しています。)

そして、お出かけの時しか使わないので、家計簿も付けてません。お財布の中の金額を二人で気をつけるようにしてるぐらい。

なので楽チンだし、パッと見て分かるのってやっぱり把握しやすい。うーん、シンプル!

お出かけ財布は夫が持つようにしています。

ちなみに、この財布は夫が持つようにしています。

理由は、レジでの支払いは夫の方がいいかな?と思うのと(夫は亭主関白にあこがれています。)、夫に預けた方が、夫が予算を気にしやすいから。

そして、ちょっと赤字になっちゃった時は「あまり貯金」から補てんしたり、お小遣いで均等に補充したりしています。

だから、赤字でも夫とけんかしたりはないし、楽ちんなので本当におすすめ。

ちなみに、我が家ではお出かけ専用財布が黄色なので、いつも「黄色い財布」と呼んでいます♪

よかったら、ぜひやってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする