お金が貯められなかった夫が貯められるようになったきっかけ

独身時代、夫はあまり貯金をするタイプではありませんでした。だけど、あることがきっかけで変わったので、そのエピソードをお話したいと思います。

スポンサーリンク

わたしと夫のお金の話し合い

たまたま話の流れで、夫(当時は彼)に貯金額を聞いたことがありました。

夫 「うん!貯金あるから大丈夫だよ~(ちょっと自信ありげ)」
私 「そうなのー?いくら??」
夫 「100万円はないけど、50万円以上はあるよ。」

わたしはそれを聞いてびっくり!!

わたしが夫の貯金額にびっくりした理由

夫は一人暮らしだけど、それなりのお給料をもらっている上に家賃補助も多い。かなり恵まれているのに、それぐらいなの?って。

世の中のOLさんたちは、夫よりお給料が少なく補助も少ない中でやりくりして、もっと貯金してるのにって。

なんと、社会人デビューが遅い元浪費家のわたしの方が夫より貯金がありました(驚)

夫が100万円以上貯められなかった理由

話してみて分かったのは、夫にとって100万円は大金だったので、それで大満足していた。ということ。

それが大問題なんじゃないか?と思いました。

浪費家だったわたしだけど、やりくりしなきゃ!と思って、さまざまな節約サイトや本を読みました。

読みこんでいくうちに、実家暮らしだし年間100万円は貯められるはず!それは当たり前!ぐらいに、思いこむことができました。

思いこんだおかげで、自然とそういう生活になっていたのです。

一方、夫は100万円もあれば大丈夫と思っていたので、それに合わせた生活になります。そのせいか、すごーく気前がいい。(だからこそデートもいつもおごってくれたんだけど……)

夫の場合、モノに使うよりも交際費がめちゃめちゃ高い人でした。

びっくりしたわたしがとった行動

貯金額を聞いた後、わたしはびっくりして感じたままを話してしまいました。

大金って言ったって、車だってローンを組まないと買えない。大金だけど、貯金額としては大金じゃないと思うよ。あなたより年収の低いOLさんが、一年間でそれぐらい貯めてたりするんだよ。

(本気でびっくりしたのと、友人から始まった関係だから言っちゃったけど、普通は言えないかな……)

夫はわたしの意見で変わりませんでした。でも……

でも、わたしの意見だけでは、夫の意識では「さくらはしっかりしてるから。」ぐらいだったようで、それだけでは変わりませんでした。

だけど、夫の仲良くしている大先輩(もう定年退職された方)から、

「俺は結婚する時には1,000万円あったぞ。」「それぐらためなきゃダメだろ!」

と激励?自慢?され、自分はやばいと思ったようなのです。それからは、グッと貯金のペースはよくなったみたいです。

ちなみに、何でこんなにはっきり分かるかというと、先輩のおかげ!と夫が言ってたから。その前に、わたしが言ったのに~!!

彼の心にはわたしの話はまったく届かなかったようで、わたしと貯金の話をしたことすら忘れてました(涙)

わたしの夫も、実は貯められなかった人でした。

だけど、「ヤバイ」と思い、自分が大金だと思っていた100万円では全然足りないと気づいて「お金に対する意識が変わったから」変わることができました。

なので、「意識を変える」ってやっぱりとても大事だと思っています。