夫がおこづかいの赤字を防ぐためにやったこと。

夫のおこづかいは現在35,000円です。

今のシーズンはゴルフなどの付き合いが出てくるので、どうやりくりしているのかな?大丈夫なの?と思って、ふと夫に聞いてみました。

すると、「今まで積み立てておいたから大丈夫だよ~」

「へ?」

……わたし、びっくり!夫がおこづかいの一部を積み立ててるなんて信じられない!

詳しく教えて~というと、教えてくれたのでご紹介しますね。(ブログネタにしていいと言ってくれました。)

スポンサーリンク

夫がおこづかいを管理するようになった話

おこづかいが35,000円になった当初は、やっぱり赤字続きで独身時代の貯金を切り崩していたそうです。

とはいっても、おこづかいを35,000円と決めたのはわたしじゃなくて夫。

だけど、赤字続きになってしまって、このままじゃヤバイ!って思ったそうのです。

(やっぱり変わるきっかけは「ヤバイ!」なんだな~と改めて思いました。)

そこで、夫はおこづかいを普段使うお金とその他に分けてみたんだそう

35,000円を20,000円(お財布に入れるお金)と15,000円(その他)の二つに分ける。

15,000円は積み立てて、そこからゴルフ代や飲み会代を出しているそうです。(携帯代をどっちにしてるかはよくわかりません。聞くの忘れちゃった。)

そうするようにしたら、黒字かどうかまでははっきりは言えないけど、少なくとも赤字はずいぶん減ったよ~とのこと。

やっぱりお金に「目的」をつけてあげると、節約しやすいんだな~って改めて思いました。

お金に「目的」をつけてあげると節約しやすい理由

お金に「目的」をつけてあげると節約しやすいのは使いすぎないから。

しっかりしている人は別だけど、浪費家さんたちの場合、お金があると「楽天的」なことが多いです。

「こんなにまだあるなら大丈夫~♪」って。

それで、いつの間にか使い込んでしまうんですよね。

昔のわたしも、OL時代、お昼代とおこづかいを一緒にしたら、いつの間にかおこづかいがお昼代と一体化していました。

そのせいで、月の最後の方に「あれ?お昼代が(おこづかいが)足りない!」→赤字の流れ……。

それを変えるためには、どれぐらいお金がつかえるのか?がよくわかっていないから、使いすぎちゃうんだと気がつきました。

そこで、OL時代、ランチ代とおこづかいの財布を完全に分けることによって、ようやく使い込みを防ぐことができるようになりました。

いつの間にかお金がなくなっている……という人は、きちんと「目的」をつけてあげるといいと思います。

お金に目的をつけるとき

その時の目的のつけ方なんですが、細かく目的を付けてもいいし、ざっくりでもどちらでもいいと思います。

どっちの方法がいいのか?というより、どっちが自分に合っているのか?が大事なので、やってみて合う方で続けるのが一番だと思います。

ちなみに、わたしは結構細かく目的をつけるのが好きだし、合っているんだけど、わたしの夫はざっくりがいい人です。

参考:わたしの独身時代の目的のつけ方

下の記事はわたしの独身時代の臨時出費に対する目的のつけ方です。

わたしは、プレゼント代、冠婚葬祭代と他人へのお金を細かく設定したけど、夫だったらそんなに分けずに予備費としてひっくるめるんだろうなと思ってます。

臨時出費は赤字になりやすい原因!臨時出費の赤字を防ぐコツ
臨時出費(臨時支出)は、とっても赤字になりやすい原因です。なぜかというと、臨時出費は多くの場合、毎月はかからないけれど1回あたりの金...

大事なのは、どう目的をつけるか?じゃなくて、ちゃんとお金が管理できるか?なので、やりやすい方でいいのかな~と思ってます。

最後に

夫がお金に目的を付けたのはこの本が影響していると思います。

「月々3,000円の夢」のきっかけの本
わたしが、月々3,000円の夢=「夢貯金」をやるきっかけになったのが写真の本。この本は、主人公の女の子が、マネーとい...

わたしの夢貯金のきっかけの本なのですが、お金を目的別に分けて積み立てていく大切さも書いています。

夫はこの本が好きでたまに読み返してるから、きっとそう。この本には本当に感謝です。

スポンサーリンク

シェアする