【まとめ】このブログの作り方についての質問のお答え

貯金や節約のことではなかったので、こちらのブログに掲載していませんでしたが、このブログの作り方についての質問が実は一番多く……。

そこで、貯金&節約とは何も関係がないのですが、今までの質問&答えについて公開いたします。参考になりましたらうれしいです。

スポンサーリンク

ホームページをブログ化するのに使っている作成ソフトは?

wordpressです。テンプレートはsimplicityをお借りしています。

使っているサーバーは?

ロリポップ!を使っています。プランはスタンダートプランです。

個人的には、wordpressはいろいろカスタマイズすると表示が遅くなりやすいと思っているので、ある程度以上のアクセスがあるのならスタンダートプラン以上がいいと思います。

(ライトプランだった時期もありますが、速度を早くするためにいろんなカスタマイズをさらに勉強する手間がかかりました。)

真っ白な状態から作るのなら、最初ライトプランでアクセスが増えてからスタンダートプランに変更してもいいと思います。

おまけ情報

wordpressの場合、よく使われているのはエックスサーバーです。というのも、以前はロリポップよりちょっと高いけど、表示速度がかなり速かったようなのです。

ただ、ロリポップが最近、機能強化をして表示もかなり早くなったので、今、どちらの方がいいのかはちょっと不明です。

わたしがエックスサーバーにしなかった理由

ちなみに、わたしがエックスサーバーに変更しなかったのは、ホームページのアドレス「http://cherry-blossom.ciao.jp/」の「ciao.jp」はロリポップが取得したアドレス(ドメイン)で、わたしのドメインじゃなかったからです。

わたしはロリポップのドメイン「ciao.jp」の一部をお借りしている立場のためサーバーを変えられませんでした。

なので、有料でも自分のホームページアドレス=ドメイン取得したほうが、その時にいいサーバーを借りられていいのかな?と思ってます。

ロリポップでは、自分のドメイン=独自ドメインはムームードメインで取得できます。

また、エックスサーバーでは、サーバーを借りるときに、独自ドメインを持てる&エックスサーバーを使う間は無料でその独自ドメインを使えるキャンペーンがあります。

何かいいテキストはありませんか?

wordpressがどういうものか?は、いちばんやさしいWordPressの教本第2版 [ 石川栄和 ]でわたしは学びました。

本の通りに作れば、本のようなサイトが作れると思います。ただし、あくまで本の通りなので自分のしたいようにはできません。

じゃあ、なんでこの本がおすすめかというと、wordpressの各機能がどこにあるのか?とかそういう操作感などの一番の初歩を学ぶのにちょうどいい感じでした。

ネットでも情報が得られるけど、ネットでいちいち探しながらやるより、一通りの流れの中でwordpressをいじったほうがわかりやすいと思ってます。

カスタマイズするための本について

自分らしいブログを作るためにはカスタマイズが必要なのですが、わたしはカスタマイズはネット&立ち読みで情報を得たので、どの本とは言えなくて…ごめんなさい!

ただし、css(css3) の知識は必要です。これをある程度知らないと自分の思い通りのブログにはできません。(知識自体は完璧じゃなくても大丈夫なのですが。)

ただ、テンプレートの色を変えるとか、画像を入れるぐらいなら、simplicityはcssがわからなくてもある程度できるようになっているので、そういうのを利用してもいいと思います。

WordPressテーマ変更しました♡ hana(@hana_iro87)です♡ この間おサイフプラスのジンさ…

ちなみに、使用しているアイコンなどは無料の素材サイトからお借りしています。(自作はありません)

また、可愛いテンプレートを提供してくれている方もいるので、利用するのもいいと思います。

初心者にもおすすめの日本語のWordpress無料テーマ「Simplicity」の女子向けスキン「チョコレート」を作りました。

また本屋にかわいいテンプレート付きの本もありますので、それを利用してもいいと思います。ただ、その際にはversionには気を付けてくださいね。(古いverの場合は使えないことがあるかも?)

トップページをさくらさんのようにしたいのですが、どのように作っていますか?

1) トップページを固定ページにします。

2) プラグインは「Page Builder by SiteOrigin」で1列&2列のカラムを作り、主に「テキストウィジェット」で中身を指定しています。

WordPressプラグイン「Page Builder by SiteOrigin」は、固定ページを好きなレイアウトに出来て、好きなウイジェットを設置できるプラグイン。

3) 各記事のリストはList category postsプラグインで設定しています。

カテゴリやタグの記事一覧を記事や固定ページに簡単に表示してくれる、List category postsというWordPressプラグインがあります。 →

わたしは、2)でテキストウィジェットを選択しているので、3)では「ショートコード」で表示しています。

まとめ

Page Builder by SiteOriginでカラムを作る→テキストウィジェットをカラムの中に入れる→ショートコードで指定すると、各カテゴリーの記事一覧を表示させることができます。

ただし、上記の方法はあくまでリストの表示ができる状態になるため、色や文字の大きさなどの細かい指定はできません。それを変えるにはcssを使います。

(simplicityのかんたん設定からではできません。)

また、自分流のアレンジはできませんが、2) でテキストウィジェットじゃなくて、List category postsプラグインを直接入れての設定もできます。ただ、カスタマイズはしにくいかも?

cssについて

ちなみに、cssは本で一から順に学ぶよりも、○○変えたい!と思って調べて、自分でちょっと編集してみる→うまく変更できているか確認。を繰り返すと、何となく分かっていくと思います。

(というより、わたしはそうやって学びました。)

というのも、わたし自身がweb知識ゼロから始めたので、本を一から読んでもいまいちわからず、やってみて分かった!という感じでした。

例えば、壁紙を変えたいと思ったら、css 壁紙で検索すると下の情報が出てくるので、やってみて実感!という感じです。

以上、簡単ですがお役に立てればうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする