節約を頑張るとお金が使いにくくなるのは当たり前。だから「使うための貯金(積立)」が大事

Hさんの質問の回答を書いた後も、何となく気になっていろいろ考えていました。(Hさんの質問は下の記事です。)

貯金を焦る気持ちはどうしたらいいですか?
Hさんからメールでご質問を頂きました。 はじめまして。 いつも楽しく、そして沢山勉強させて頂きながら拝読しています…! 30歳を前にし...

そして、ふと「節約を頑張れば頑張るほど、お金を使いにくくなるのは当たり前」なのかも?と思いました。

というのも、貯金がうまくいくようになると、通帳のお金が増えていってとっても嬉しい。

そして、せっかく貯めたお金は「使いたくない!」そう思うようになって、昔は簡単に使っちゃっていたけど我慢ができるようになります。

だから、お金が貯まりやすい。これは節約するうえでとっても大事なこと

だけど、そのうち「使いたくない!」という気持ちがどんどん大きくなってしまうことがあります。

なぜかというと「自分の頑張りそのもの」がお金だから。だから、お金の価値がどんどん上がっていっちゃうんですよね。

そう考えると、お金が使いにくくなっても仕方がないのかな?なんて思うのです。

だけど、「お金を使うことが苦しくなる」のもそれはそれでつらいこと。

なので、そういうことを避けるためには、下の記事でも書いたけど「使うための貯金(積立)」がとっても大事だと思ってます。

節約しすぎを防ぐには?
ここのブログを読んでいる人たちは、節約をはじめたばかりの人から、途中の人、ベテランさんまでいろいろだと思います。そんな中、お金を切り...

お祝いごとをきちんとお祝いできるように、急な出費でも慌てないようにお金を積み立てておく。

「使うために貯めた貯金(積立)」を使うときは心の抵抗がちょっとだけ減るから。

というのも、貯めるべきものは貯めてるし、そのお金は関係ないって思えるから、貯金が減る~とか考えなくてすむのです。

最初は慣れてなくても、「使うための貯金(積立)」をしながら暮らしていくと、そのうち臨時出費はそこから出すのが当たり前になります。

当たり前に感じることができれば、「お金を使うこと」を苦しく感じないようになるし、むしろ準備してよかった~って思えます。

なので、「使うためのお金」をきちんと積み立てておくのは本当におすすめなので、ぜひやってみてくださいね。

そして、最初は、ちょっとぐらい「う……」って思ってしまっても大丈夫!

例えば、友人の結婚式のお祝いのお金について「う、貯金が……」と思ったとしても、でも、やっぱりお祝いしたいと思って、きちんとお祝いできる人は問題ないと思います。

わたしは、「どう思ったか?」よりも「思ったとしてもどう行動したか?」の方がずっと大事なことだと思います。

お金が使いたくなくなるって、ある意味頑張っている証とも言えます。ただ、行き過ぎはやっぱりよくない。

だから、その気持ちを少しでも楽にするために、ぜひ「使うための貯金(積立)」をやってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク