他の「貯金」を使いこんでしまう……というお悩み

趣味貯金が足りなくて使い込んでしまいます
Yさんからメールでご質問をいただいたので、お答えします。 さくらさんのHPを見て、毎月、趣味貯金をしています。しかし、足りなくなってしまい...

上記の質問をいただいたYさんからご質問を追加でもらったので、お答えしたいと思います。

もう1つ聞きたいのですが、趣味の貯金を使うときに足りなくなり、違う貯金(車用の貯金)から拝借してしまうので、その趣味の貯金内でやりくりした方がいいですよね……
それがなかなかできず……難しいですよね

質問をもらって気がついたのですが、「貯金」と「積立」を別に考えてみるのはいかがですか?

「積立」目的のために貯めているお金(子供、マイホーム、車など)
「貯金」特に今のところ使う予定がないお金(あまり貯金、へそくり)

どうしても足りないという時には「貯金」から出すということにしてみたらいかがでしょうか?

車用なのに貯金があると思うから使っちゃうんです。「積立」は使うお金という意識に変えるんです。

スポンサーリンク

趣味代をやりくりするコツ

さて、そうなると「趣味費のお金が足りない。」と言うことになると思います。 今まで前借していたお金がなくなってしまうので。

そこで、趣味代をやりくりしないといけなくなると思うのですが……

趣味に費やしてきたモノ・出来事の中で「とっても満足だった」「思ったより微妙」と言うのはありませんか?

「思ったより微妙」なものが多いなら、そこを削減します。

趣味が旅行の場合

例えば、趣味が旅行という人でも、旅行の何が好きなのかは人によって違います

ホテル滞在が好きな人、グルメが好きな人、いろんな場所を見たい人、パッと思いつくだけで3通りありました。

この人たちは、すべて旅行が趣味ですけど、こだわっているところは違います。そのため、お金をかけたいと思うところは違うはずなのです。

旅先でのグルメが何より好きな人は、ホテルや交通費を節約して「グルメ」を優先するでしょう。

いろんな場所を見たいという人は、グルメもホテルも交通費も節約して分、次の旅行代に回すでしょう。

ある芸能人のファンの場合

また、ある芸能人のファンのための趣味費なら、ライブに行きたいのか、CDやグッズが大事なのか?ですよね。

コンサートに行くことが大事ならグッズを控え、宿や交通費も安いところを徹底的に探す。記念にグッズを買うという優先順位は下がるはずです。

そのお金があれば、次のコンサートに行った方が満足度が高いから。

グッズが大事ならコンサートに行く回数を減らす。(グッズはネットでも買えます。)そして、何のグッズが一番好きなのかもよく考えてください。

お金は限られているので、全部をとることはできません。自分で何を取捨選択するのか?を決めるわけです。

趣味費を見直すポイント

この時、大事なのが自分が何に一番満足しているのか?を基準にすること。そして、人によって基準が違うので、自分に聞いてみないと分かりません。

例えば、同じ旅行が趣味でも、リッチなホテルでSpaしたい人に、安いからといって格安ホテルをオススメしても意味がないですよね。
(この場合、節約するなら回数を減らしたり、Spa付きのお得なプランを探したりでしょうか?)

なので、今まで趣味に費やしてきた物を眺めたりして、満足感が高かった物、少なかった物を考えてみてください。

結局、貯金をするということは趣味を減らすことになります。なので、Yさんにとってはつらいこともあると思います。

でも、趣味を全部我慢するわけじゃなく、満足感が高いところを残しつつ貯金もしているので、安心して趣味を楽しめるのかな?と思っています。

最後にまとめ

話がずいぶんそれてしまったけれど、積立用のお金は「貯金」ではないとしっかり認識するのが、一番のコツと思います。

初めのうちは大変です。すぐにうまくできないかもしれませんが、みんな失敗しながらです。

なので、あきらめずに頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする