色違いを買うときのルール

最近、自分の好みがはっきりしてきたせいなのか、昔より「欲しい♡」って思うようなものが少なくなってきました。

そのせいか、「欲しい♡」と思うと、今度は色違いで買いたくなるように……

すると、今度は色違いならではの買い物の失敗が出てくるようになり、反省を繰り返した結果、マイルールができました。

スポンサーリンク

デザインに大きいポイントがある服は色違いを買わない!

シンプルな服なら、色違いでも「色」の影響が大きいので雰囲気が変わるけど、デザインにポイントがあると、そちらに目が行くので雰囲気が似た感じになりやすいと気がつきました。

だから、着回しが意外とききにくいなと感じるように。それ以来、すごく悩んで、その場では一色だけ買おうと思うようになりました。

そして、今度、別のデザインで気に入った服を見つけるかもしれない。そっちの方が雰囲気も変わるからずっといいでしょ?と、自分に言い聞かせてます:)

シンプルな服の色違いは、すぐには買わない!

試着していいと思って一緒に買ったとしても、本当に大活躍かは普段の日常で着てみないと分かりません。だから、どちらか一つを選んで、まずは買うようになりました。

そして、ワードロープと合わせて着てみたり、着心地が良くて本当にいいなと思ったら、改めて買いに行きます

この方法だと、(特にセールの場合)店舗に行ったらないこともあります。でも、今はネットもあるのでインターネットで手に入れられたり。

もし手に入れられなかったとしても、色違いで買って後悔するよりずっといいかも?と思ってます。

というのも、色違いで失敗すると、どっちか一つだけ合わないならまだいいけど、買ったもの全部がちょっと合わないかな……だったら、本当に悲しいから。

実際のわたし

Rouge VifYANUKも色違いを買ったけど、どちらも後から追加で色違いを買ってるのは、今までの失敗の経験からです。

特にセールだとテンションが上がってしまうので、基準が甘くなりやすいです。

でも、それはある意味仕方のないこと。なので、落ち着くために後から買うようにしています。

家で着てみて、自分のワードロープとも合わせて、本当に欲しいと思ったものだけを買うのには、この二つのルールが自分にはぴったりでした。

なので、参考になったらうれしいです:)

スポンサーリンク

シェアする