失敗しない!先取り貯金を成功させるために必要なコツ。

貯金するために一番大事なのは毎月決まった金額を貯金すること。なので、先取り貯金がおすすめです。

「先取り貯金」は給料が振り込まれたらまず貯金を行い、残ったお金で次の給料日まで生活をするという方法です。

先取り貯金のいいところは、毎月一定額を必ず貯められること。そして、使えるお金が決まるので、使いすぎを減らせる可能性があります。

あ、当たり前のことを言っている~と思っていますか?でも、もうちょっとだけ読み続けてください。

先取り貯金について、ちょっと違う考え方をご紹介したいのです。

スポンサーリンク

先取り貯金の「正しい」考え方

先取り貯金の「使いすぎを減らせる」という考え方って、何となく苦しくてつらーい道のりの始まりって感じがしませんか?

なんていうんだろう、全然楽しくなさそうな感じ。

そのため、ここでぐるりと考え方を変えてみませんか?

先取り貯金というのは、「先に貯金さえしてしまえば残りのお金については好きなように使っていいということ」

つまり、その範囲内なら自由に使ってもいい!という楽しいことなのです。

(より満足感あるお金の使い方をするためには、工夫が必要だけど。)

しかも、実は先取り貯金で使えるお金を先に決めたほうが、精神的に楽なのです。

先取り貯金をした方が精神的に楽な理由

一つ目は、毎月あまったお金を貯めるより、毎月一定のお金を貯めた!という経験の方が自分に自信がつきます。

二つ目は、例えば年間を通して同じ金額を貯めたとしても、あまったお金をためる場合、貯金が少ない月があると「今月はこれしか貯められなかった。来月頑張らなくっちゃ」と焦りがち。

そのため、毎月、何かに追われているような感じになってしまいやすく、ストレスがたまりやすいのです。

でも、毎月一定の金額ならば、とりあえずやるべきことはやってる!という気持ちを持ち続けることができるので、精神的にも楽なんですよ。

独身時代、わたしは先取り貯金をこうやって決めました

まず、自分が1年間で貯めたい金額÷12で、1か月分の貯金額を出します。そして、毎月の予算で無理そうなら、ボーナス(あれば臨時収入)を加えて考えました。

例えば、わたしの場合、年間100万円を貯める!と決めました。そう考えると月84,000円貯金する必要があります。

この月84,000円の金額、当時のわたしの場合、少し悩ましい金額でした。というのも、残業をたっぷりすれば貯金ができるけど、そんなに残業をしない時は無理。

貯金するために、意味なく残業をするのも嫌だし……

そのため、月50,000円+ボーナス20万×2(夏・冬)=40万にしよう。こんな感じで決めました。

先取り貯金は、実は安全な貯め方です。

毎月の給与から先取り貯金すれば、ボーナスだけから貯金するよりずっと安定的。

というのも、もしボーナスがなくなっても、毎月必ず貯金できるから。なので、毎月、先取り貯金をするのは本当におすすめです。

はじめは月1万円でもいいです。無理のない金額から始めてみませんか?そして、あまった金額はあまり貯金にするとより楽しいですよ:)