美容費、洋服代の節約に悩んでいる人へ。好きなお洋服を買って節約するコツ。

予算を決める際に悩むことが多いのが、例えば「美容費」や「洋服代」などの出費。

なぜなら、美容費や洋服代は毎月必要にはならないのに1回に使う金額が大きいため、予算オーバーしやすい項目だからです。

つまり、月の変動が大きい予算なのです。

だからこそ、これらを上手に予算立てすることが成功のポイントです:)

スポンサーリンク

洋服代などの変動が大きい予算は、繰り越し型予算がおすすめ

わたしの経験から言うと、変動が大きい予算は、1年単位で予算を考えるのがお勧めです。

つまり、1年間にかかる出費を12で割って、毎月の予算にします。

そして、これらの予算は余ったら次の月に繰り越します。そうすれば、使わなかった月の分も含めて次の月は使えるので、欲しいモノが買えるようになります。

わたしの好きなお洋服と、予算の微妙な関係

昔のわたしがよく買っていたのは、フランドル系ブランドやナチュラルビューティーベーシック、バーバリーブルーレーベル(ファミセに行けた時)が多かったです。

とはいっても、毎月の予算内と思うと、それらのお洋服はほとんど買えないので、我慢&我慢の連続になってしまいます。

そうなると、ものすごいストレス。

でも、繰越型の予算で好きなお洋服を買うというスタイルにしてからは、そこまでストレスではなかったのです。むしろ、何買おうかな?と厳選するようになって、ちょっと楽しい:)

ただし、初めのうちは貯まるのに時間がかかるので、少し大変かもしれないのですが、1年ぐらいすれば慣れてくると思います。

「繰り越し型」予算 vs 普通の「使いきり」予算

ちなみに、こういった美容代&お洋服代は、一般的なその月使い切りタイプの予算だと対応しにくかったりします。

というのも、やっぱり、ある月だけ「洋服代2万」っていう予算を組もうとすると、その他のところに無理が出てきてしまいます。

でも、繰り越し型なら予算を貯められるので、2万円のお洋服でも買えるようになります。

一方、その月使いきりタイプなら早く貯まりやすいです。というのも、予算内のお洋服で選ぶようになるし、余ったお金は貯金するようになるからです。

ただし、貯めたい!という強い意志がないと無理なので、ハイリスク&ハイリターンタイプになります。

一方、繰り越し型は先取り貯金はしていても、洋服代の予算のお金はいずれ使うのでローリスク&ローリターンタイプになります。

まとめ

特に、美容代や洋服代は普通に予算立てをしていると、赤字になりやすいところだと思います。

わたし個人としては繰り越し型予算がおすすめですが、自分の貯金の必要性や決心などを考えて、自分にあった予算タイプを決めてみてください:)

スポンサーリンク

シェアする