臨時出費は赤字になりやすい原因!臨時出費の赤字を防ぐコツ

臨時出費(臨時支出)は、とっても赤字になりやすい原因です。

なぜかというと、臨時出費は多くの場合、毎月はかからないけれど1回あたりの金額が大きい。そして、必要経費なことも多く、臨時出費を節約できないことも

つまり、1回で支払うのがとっても大変なお金なのです。

だから、臨時出費での赤字を防ぐにはこつこつ毎月積み立てておく「繰り越し型予算」がおすすめです。

(繰り越し型予算って何?っていう方は、下の記事に詳しく書いてあります。)

美容費、洋服代の節約に悩んでいる人へ。好きなお洋服を買って節約するコツ。
予算を決める際に悩むことが多いのが、例えば「美容費」や「洋服代」などの出費。なぜなら、美容費や洋服代は毎月必要にはならないのに1回に...

それと、ボーナスが出る人は、毎月の予算のほかにボーナスの一部を充てるようにしてもOKです。

どんなものが臨時出費になるのか、イメージがつかない人もいると思うので、わたしが独身時代に臨時出費として意識して準備していたのをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

プレゼント代 (毎月積み立て)

誕生日、父の日、母の日、お年玉、クリスマス、バレンタインデー、付き合った記念日など。

臨時出費と言っても、決められてるイベントで発生するモノってとっても多い!

わたしの場合、負担のある月とない月の差が激しかったので、均一化するために、年間どれぐらいかかりそうかを考えて、12分割した金額を毎月の予算として考えました。

正直に書くと、やっぱり支出が続いて金欠だとプレゼント渡すのもちょっと辛かったりするんですよね。

感謝の気持ちや大好きという気持ちを形に表してるはずなのに。

なので、気持ちよくプレゼントを選んで渡したいなと思ってたので、予算として組み込み、余ったお金ごと次の月に積み立てるようにしていました。

病院代 (毎月積み立て)

病院って行くときになると、結構出費してお財布に痛い!なので、そんな時のために積立しようと思って、繰越型予算で始めました。

ちなみに、わたしの場合月々3,000円の共済保険に入っているのですが、民間だと月々6,000円の医療保険に大体相当するかな?と思っています(入院の補償についてのみ。)

そこで、その差額分の3,000円を積み立てるようにしました。持病がなかったので、これは結構貯まりやすかったです。

持病がない人は、ある程度貯まったら予算の減額・中止をしてもいいのかな~と思います。

冠婚葬祭費代 (毎月積み立て→ボーナス型)

働く女子ならだれでも悩む、冠婚葬祭費(ほぼ披露宴参加費)。

女性は、ご祝儀のほかにドレスや髪のセットアップなんかも必要なので、結構お金がかかっちゃうんですよね。

でも、友人のお祝いには気持ちよく駆け付けたい!わたしの場合、初めは冠婚葬祭費も繰越型予算で積み立ててました。

でも、月々の予算で貯めるのが結構大変になってきた時があったので、ボーナスでまとまった金額の予算をあらかじめとっておくようになりました。

予算が余った時でも、いつか使うのでそのまま冠婚葬祭費として取っておいてます。

その他に必要な臨時出費の例

他に思いつくものは、

  1. 車を持っている人は車検代
  2. 派遣社員さんは住民税
  3. 子供がいる方は子供用のお金(部活の費用や教材費など)

などかな?

毎月こつこつ繰り越すタイプでも、ボーナスの一部を使って繰り越すタイプでも、大事なのはきちんと積み立てておくこと

時には予算を超えちゃうときもあるかもしれないけど、それでも準備をしている/していないで、気持ちやお金の余裕が全然違うので、本当におすすめです。

スポンサーリンク

シェアする