断捨離したらお気に入りの洋服で過ごせました

2013年の冬、普通~な感じで普通にいいんだけど、特にときめかないと言う感じの服を思い切って断捨離しました。

その結果……大満足!

というのも、お気に入り度と使う頻度って、やっぱりリンクしてなかったんです。

「なるべく着るように」「使ってこその洋服」と意識していたし、こんな記事も書いてるぐらいだけど、やっぱり着ている頻度は少なくて。

だけど、断捨離してからは、お気に入りをすごく着るようになりました。というのも、それしか着るものがないから(笑)

この冬はお気に入りのお洋服をかなり着た日々だったので、お洋服の面では今までで一番満足でした。

不思議なのが、このシーズンに追加した服はそんなにないんだけど、満足度が一番高かったこと。

手持ちの服でも十分だったんだなと思ったのです。

この体験をしてから、お気に入りだけのシンプル・クローゼットを目指そう!と思うようになりました。

わたしの場合、そんなに数はいらないのかも。

数がいらなければ、その分一つのお洋服にかけられるお金もUpするから選びやすいし、いいことづくめなんじゃないかな?と思ってます。

とは言っても、初めてやることなので失敗とか葛藤とかもあるはず。ここでは、そんなわたしの気持ちや考えを時々書きつづりたいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク