お金に関する社会のしくみ

今の社会のシステムって「お金がない人ほど、余分にお金を払うようになっている」っていうことをご存知ですか?

分かりやすい例をひとつ言うと、同じモノをクレジットカードで買ったとしても、お金のない人は分割払いやキャッシング、リボ払いで買います。お金を持っている人は、一括払いで買います。

だから、お金のない人は利子のせいで、品物の値段よりさらに余分にお金を払うのに、お金のある人は、ポイントが貯まってお得になる。同じものを買っているのに、この差って大きいです。

そして、お金のない人は、いつも余分にお金を払うことになるから、さらにどんどんお金がなくなっていく。お金がないから、またお金を借りることになり……という、まさに止まらない悪循環。

だから、いいことなんて一つもないので、絶対に分割払いやリボ払い、キャッシングに飲み込まれないようにしましょう。

お金のないところから、お金を余分に取ろうとしている。社会って「弱肉強食」!

わたしは、これに気づいたとき、「社会って怖い……」って感じました。

そして、これに気がついてから、キャッシングもリボ払いも分割払いも嫌だ!と心から思いました。そして、親しみやすいCMなんかにだまされないぞ!って思いました。

カードローン、キャッシングのほかにも、「毎月一定額お支払いでOKだから、安心♪」なんていうのもあるけど、それはリボ払いで、キャッシングやカードローンと同じようなものです。

リボ払い、分割払いやキャッシングは決してあなたの味方ではなく、あなたに笑顔を向けつつもお財布のお金をこっそりバクバク食べてるので、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク