お金を使わない節約より楽しい節約の方がお金を貯めやすい理由

今、雑誌でも、ネットでも本でも、いろんな節約情報が出ています。わたしは節約家になるまでは、本当にいろいろな本やネットを読みました。

節約を始めた時は自宅から通う学生だったのに、主婦系の雑誌までしっかりチェック。(食費の節約なんて使わないのに、なぜか見てました(笑))

そして、試行錯誤の末に分かったのは、「お金を使わないでひたすら貯める」って難しいということ。

というのも、できる限りお金を使わないようにすると、貯まるのは当たり前。だけど、それで幸せでいられるかはまったく別なのです

そして、普通の人は幸せじゃないと続けられないんです。よっぽど強靭な意志がない限り。

我慢も1ヶ月ぐらいなら難しくないと思います。

でも、ある程度まとまったお金、例えば100万円ぐらいを貯めたいと思うと、半年〜1年は、かかってしまうことが多いと思います。

この期間は本当に長いです。我慢できなくなっても十分な期間。それでも1年ですめばいいけど、普通はその後もずーっと必要です。

それに、わたし自身「お金を使う」ってやっぱりいいことだなと思うんです。

一生懸命働いたら、ごほうびに何か買うこと。
おいしそうなスイーツがあったら、たまには食べてみること。
友達とちょっといいお店で食事すること。
かわいいお洋服を着ておしゃれすること。

これって、確かに生きていくためには「なくてもいいこと」。でも、わたしはこういったことですごく幸せになれます。

というのも、それが仕事を頑張るエネルギーになったり、いい思い出ができたりするからです。

わたしの場合、こういった「幸せ」を全部我慢してお金を貯めても、全然幸せにはなれないのです。

もちろん、欲望のままに買うとお給料は足りないので、ある程度の我慢は必要。でも、全部我慢する必要はないとわたしは思います。

なので、わたしにとって節約や貯金をするっていうことは、単にお金を使わないではなくて「できる限り自分の満足するようにお金を使って、貯金をする」こと。

そのために、満足できない消費をなくす= 無駄を省いて節約しています。

節約&貯金しようって思ってリバウンドしてしまう人は、きっとお金を使わないようにしよう!と、すごく頑張ってしまうまじめな人かな?と思います。

お金を貯めるときに「どうしたら自分が満足するようにお金を使えるのかな?」って考えるのは、一見、ちょっと遠回りな感じがするかもしれません。

でも、結局、無理なく長~く節約ができるので、最終的にはこっちの方がお金を貯められるようになります。

なので、よかったら「お金を使わない」節約じゃなくて、「楽しく&上手にお金を使う」節約を一緒にやってみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク