周りにお金をねだる人は家族・親戚に1人はいるのが普通なのかも。

実はわたしの叔母の一人は、何かあると父や叔父におねだりしに来ます。

父も叔父も怒るけれど、なんだかんだ言って助けてしまっていて、母は頭を抱えていると知ったのは、わたしが社会人になった頃ぐらいでした。

しかし、そんなことは全然知らなかったわたしはその親戚の人と仲が良いのです。

そのため、母は「いつかさくらにたかるんじゃないか……」と思ったらしく、わたしが社会人になった時に「付き合うんじゃない。」と言いました。

……正直、わたしとその人は仲が良いので、今更そんなことを言われても。

何もされていないのに冷たくなんてできない。そう思っていたなら、仲良くなる前に早く言わないとダメでしょ……。

もう悩んでも仕方がないので、とりあえず思考停止。

とりあえず、叔母に会うたび「お金がないアピール」をして予防しています。(奨学金も完済したけど、叔母には「返済が大変~」っていつも言ってます。)

さて、夫の実家に行った時、夫の実家の親戚に「お金を借りたけど返さない」親戚がいるということを知りました。

しかもその親戚は、普通に我が家に来て、普通に(いやむしろ上から目線で)コミュニケーションをとっていたので、その話を聞くまで全然気がつきませんでした。

(それについて、他の親戚が愚痴を言っているのを聞いてしまい知ったのですが。)

その時、ふと、うちだけじゃないんだな……と思ったのです。

運よく家族にいなくても親戚まで広げたら、きっとどこにでも1人はお金をねだったり、借りて返さないような人がいるんだろうなと思ったのです。

よく考えたら、こんなに消費者金融やショッピングローンがはやっているのです。

だからと言って悩みが何にも解決するわけじゃないのですが、重大な悩みだと思っていたのが「よくある悩み」に格下げされてちょっとだけ気が楽になりました。

とはいえ独身の叔母なので、いろいろ考えるとやっぱり頭が痛いんですけど……。

ちなみに、叔母がお金を貸してほしいといったら、まずは「現物支給」を考えています。

本当は助けない方がいいのかもしれない。わかっているけど、最初から突っぱねることはやっぱり何回考えてもできない。

ただ、見栄っ張りで使っちゃうタイプなのはよく知っているし、お金を渡しても意味がない。本人のためにならない。

そうなると、お米や食べ物の現物支給がいいのかな~と。

あとは家計見直しを一緒にやる&叔母のお金の使い道に口を出します。(嫌がるだろうけど、そういう立場で文句は言わせません。)

そういえば、「お金を貸す・貸さない」という問題はよく見るけど、「家計見直し」を一緒にしないと貸さない!っていう意見ってあんまり見ない気がします。

何でだろう?実際は難しいのかな……。

貸すなら、返済計画も含め見直した方がいいと思うし、相手が管理されるのが嫌とか文句を言ったら、こっちも「じゃあお金を貸さないね。」で断りやすい気がします。

「わたしを信じて。ちゃんと返すから。」だけで借りようとするのは甘い!って思っちゃうのはわたしだけ?

もし、叔母が「月々1万円、ちゃんと返すから信じて!」と言ったら、わたしは絶対信じません

むしろ、お金を返すことを、1万円をなめてるって思うから、家計見直しなどを受け入れ、変わる覚悟を見せてくれない限り貸せません。

なんで、そんな風に思うのかというと、下の記事にも書いたけど、お金を借りて計画的に返すって本当に難しいことだと思っているから。

「計画的」で「幸せ」なキャッシングをしたい人へ。借りるなら絶対知るべき「ご利用は計画的に」の意味
最初に爆弾発言をすると、普通の人は「ご利用は計画的に!」は無理です。あ、ページを閉じないでください~!このページを読んだ人は...

実際、その時が来たらどうなるかわからないけど(修羅場にならなきゃいいな…)、今のところそう思ってます。

同じようなことで悩んでいる人、お互い頑張りましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク