「計画的」で「幸せ」なキャッシングをしたい人へ。借りるなら絶対知るべき「ご利用は計画的に」の意味

最初に爆弾発言をすると、普通の人は「ご利用は計画的に!」は無理です。

あ、ページを閉じないでください~!

このページを読んだ人は、どうしてもお金が借りたくてきた人が多いと思います。だから「無理」じゃなくて「計画的に利用できる方法」を知りたいですよね。

「計画的に利用できる方法」はあるのですが、キャッシングローン地獄に陥らないようにするためには、知らなきゃいけないことがあるので、このまま読んでいただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

「ご利用は計画的に」が無理な理由。高い金利だけが理由ではありません。

キャッシングやリボ払いの利率が高いって言うのは借りる人も知っていると思うし、そういうことはいいません。

もっともっと基本的なことです。

まず、今借りようとしているのは「今の給与でやっていけてないから」なはず。

でも、借りたら次の月からは返さないといけない=今よりもっと使えるお金が少なくなる中で暮らさないといけないということ。

例えば、キャッシングやショッピングローンで「月々1万円ならいいか」って思うかもしれません。

でも、本当に月々1万円って簡単なことなのか?って考えると、実はかなり大変なのです。

キャッシングをする=今の生活がカツカツ。

つまり、今まで月々1万円の貯金もしなかったぐらい、自分にとってはカツカツな暮らしということ。

そんな中で、月々1万円で買ってしまうと、苦しい「今」の生活がもっと苦しくなってしまいます。

そして、少なくともその借りたお金を全部払うまで、他の欲しいものは全部我慢する必要があります。

1ヶ月ぐらいなら我慢できても、借りたお金を完済するまでずっと我慢し続けられるかというと、かなり難しいはず。

そして、我慢が出来なかったら、またキャッシングやローン、リボ払いをすることになり、キャッシング、クレジット破産への道を進んでしまうことになってしまうのです……

ローン、キャッシング、リボ払いに共通する真実

なので、キャッシングやローン、リボ払いは計画的に使えばいい物ではなくて、「計画的に使いこなすのは難しいもの」なのです。

計画的に使える条件があるとすれば、それは

「確実に収入Upが見込める状態であること」
「そして、その収入Up分を返済に回せること」

この二つを満たせば、今の生活基準を変えることなくキャッシングや分割払い、リボ払いをしても、無理なく支払える可能性は高いです。

(ちなみに、家のローンは別とよく言われるのは、家のローンは家賃で相殺されて生活費を圧迫しないと考えられているからです。一方、その他のローン(車など)は生活費を圧迫します。)

逆に言うと、この2つの条件を満たさない限り、キャッシングやローン、リボ払いの支払いは、自分の生活にかなり痛みを伴うものなのです。

なので、どうしても借りる必要があるのなら、「本気で今の生活を絞る」その覚悟のもとで借りることが大事。

その場をしのぐためだけに覚悟なく借りるのは、幸せどころが地獄行きなのです。

小さな違いが、キャッシングやクレジット破産に入るかどうかを決めてます

ところで、どうせ月々1万円の痛みを伴うのであれば、「キャッシングやローン、リボ払い」のためではなくて「貯金」をしませんか?

少し見方を変えると、

キャッシングやローンをしていない人は、前もってそういう時のためのお金を積み立てておいて(貯金)、そこから引き出しているのです。

だから、余分なお金(金利)も払わず、お金(返済)に振り回されることもないのです。

ちょっと貯金が厳しい時は貯金額を減らしたりしても、別に誰かに咎められることもないし自分の自由自在。

でも、キャッシングやローンで物を買ってしまうと、支払いには必ず返す期日があります。

何とか返せても臨時出費が多くなったり、さらには収入減になると返せなくなる。

だから、他のところから返済のために借りることになり「自転車操業」が出来上がるのです。

良く考えると、前もってお金をためておくか・そうでないかの違いだけなのに、お金に振り回されるかどうか?が、そこで全然違ってしまうのです。

今お金が必要と思っている人にとっては、すぐにやろうと思っても難しいかもしれないです。でも、このことは絶対忘れないでくださいね。

キャッシングやローンから卒業するために、絶対に必要な大事なことだから。

最後に

消費者金融やキャッシング、ローンは「計画的に利用すればいい」かもしれないけど、計画的に利用するのはそもそも難しい。

企業はそれを知りつつ、ご利用は計画的に!とさわやかなCMを出しています。

使ってもらえれば、会社にとって「超優良顧客」になってもらえる可能性が高いから。

というのも、一度使うと、なんだかんだ言って継続して使ってしまいやすいからです。

消費者金融やクレジットカード会社にとっての超優良顧客は「キャッシングやローンをたくさん抱えているけど、破産しない人」。

もしかしたら、ご利用は計画的に!は破産しないで利用しましょうね、という意味なのかもしれません。

だから、今頑張れば、我慢すれば、なんとか借りなくてすむなら借りないのが一番いいです。例え、今苦しくても何とか生きられるのなら。

そして、どうしても借りなきゃいけない時は「幸せ」なキャッシングという甘い夢を見ないで、「本気で今の生活を絞る」って覚悟のもとで借りてくださいね。

甘い夢をみなければ、きっとしっかり返済できるし、返済が終わった後は貯金ができると思います。

そうすると、二度とキャッシングしない「幸せな生活」がやってくるとわたしは思います。

スポンサーリンク

シェアする