リアルな体験が一番役に立つ。だから何かを始めるときは「体験談」をみて学ぼう。

人生30数年、学校の勉強はさておき、人生って体験から学べることが多いな~と思ってます。

小さいことだと、自分が満足できるお買い物ができるようになったのは、たくさん失敗しその癖を自覚した時からだし、

また、住まいについて見方が変わったのは、ココで書いたように大学生の時の引越しがすごく大きいです。

本当に大きい家が欲しい?前より大きい家に引っ越してわかった意外と不便なこと。
今住んでいる家よりも、大きいお家を買う(あるいは賃貸するとき)に注意してほしいのが、いろいろなコスト。わたしの母のように悲鳴を上げる...

だけど、自分で体験するには正直限りがあります。

なので、わたしの中で参考にしているのが「体験談」。

そんなわたしなので、モデルルームに行って「マンションいいな♡」と思った時にまずやったことは体験談を探すこと。

本気でいいなと思ったからこそ、きちんと考えたくて探しました。

すると、ブログや掲示板で同じ過ちをしないようにという気持ちを込めて、自分の体験を公開してくださってる方もいました。

これらの体験談では、心の動きだったり、購入時の見えにくい部分、勘違いしていた部分、思わぬトラブルなどを事前に少し学べました。

また、○○するな系の本も一緒に読みました。ちょっと内容が難しかったところもあるけど、知識が増え、すごく勉強になりました。

体験談を探すときは、大抵「成功体験」の方に目が行きがちです。わざわざ自分の気持ちに水を差すような人も少ないと思います。

だけど、そのせいで周りが見えなくなってしまう危険性もあります。

なので、失敗の体験談や警告を発してくれている本なども同じぐらい意識するといいと思っています。

つまり、何かしたい!と思った時は、いいところだけでなく悪いところも「あえて」考えるようにするのが個人的にはオススメです。

そうしたら、万が一、何かトラブルが起きたとしてもリカバリーできる可能性がグッと広がると思います。

追記

わたしは投資をしてるけど、このブログでは投資についてはあまりポジティブなことは書いてないです。

というのも、初心者向けの本や雑誌では、投資のマイナスな面について「元本保証じゃない」「投資は自己責任」ぐらいしか見たことがありません。

もうちょっと踏み込んでいる情報がない。

投資をしようと思っている人にとっては、やる気をそいじゃうかも……と思ったりもするのですが、わたしが体験して初めて分かったことが参考になったらいいなと思ってます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク